定番な趣味

【趣味10選!】独自調査しました。50代以上に人気の趣味がわかります

 

こんにちは。 今年 還暦のyaeです。

 

人生も半分過ぎると

"何かしたい"と 考える人が増えてきます。

 

やり残したような気持ちが

急に 大きくなるのですね。

 

子育て終了、定年まじか

夫婦だけの生活の始まり‥

 

私の場合、危機感は子供の方が持っていて

ことあるごとに尻を叩かれまして

 

何かするかぁと始めた趣味が

もう10年経ちますが

 

視野も交流も広がったし

何より 新しい経験は面白く興味深く

 

生活にリズムと張りができました。

 

今回は 50代以上の方が 今、何を趣味としている人が多いのか

 

独自に統計をとったものをご紹介します。

 

 

50代以上に人気の趣味ベスト10

※通って楽しめる趣味の統計です。

 

第1位 スポーツ

 

やはり 身体を動かすものは強いですね。

 

バレーボール、バスケットボールを筆頭に

インディアカ、卓球、テニスなど

 

誰かと一緒に取り組むものが 多いです。

 

インディアカというのは 羽根のついた柔らかいボールを使って

ネットを挟んで行う バレーボールに似た競技です。

 

当たっても痛くない上、スピードもでないので

中高年に人気のスポーツです。

 

経験に左右されないのも嬉しい。

 

第2位 ヨガ・太極拳

 

一緒にしていいものか悩みましたが

インストラクターを中心に

 

一人一人が同じ動作をするという点で

お教室の雰囲気は 近いかなと。

 

太極拳の方が 年齢層が高いのは

ヨガよりも 身体が堪えないからかもしれません。

 

どちらも インナーマッスルを鍛えることができます。

もっと詳しく

第3位 社交ダンス・フラダンス

 

還暦近くで 私の両親も始めていた 社交ダンスです。

見た目に反して 結構な運動量があります。

 

端から端まで動きながら踊るので

(しかも他のカップルとぶつからないように)

 

全身運動しながら 頭もフル回転です。

さらに詳しく

 

 

フラダンスはよく"フラ"と略称されますが

腰の動きの表現に 特徴がある舞踊ですから

 

腰痛予防にもなります。

 

近所の夏祭りで毎年 フラダンスの披露があるのですが

大きなレイを駆使しての踊りは とても愛らしいです。

 

素敵だなと毎年楽しみにしています。

 

第4位 楽器演奏

 

ハーモニカ、オカリナ、ウクレレなど小さめな楽器で

合奏をして楽しむ方が多いです。

大正琴というのもありました。

 

欄外ですが

オーケストラ、管弦楽というのもあります。

 

これらは小・中学校での経験者が大人になり

アマチュアとして 演奏を楽しんでいますが

 

定期演奏会を催すほどのレベルがあります。

さらに詳しく

第5位 カラオケ・合唱

 

歌ということでくくりましたが

2位のヨガ・太極拳よりも 関連性はありません。

 

寧ろ

カラオケを好まれる方は 合唱はしないし

その反対も然りなのですね。

 

公民館祭りなどで

カラオケの発表を 聞くことがありましたが

 

ただ好きで歌うだけではなく

学びがあります。

 

プロ歌手の経歴を持つ講師が

指導しているからです。

 

合唱はコーラスと称される場合もあります。

圧倒的に 女性が多いですが

 

指導される方は声楽家、作曲家ですし

伴奏を担当されるピアニストも 音大を出ているので

 

楽しみと共に 学びも得られます。

さらに詳しく

第6位 陶芸

 

これは1ヶ所に集中して 開講されてました。

 

やはり 道具が色々必要ですから

点在させるのは 難しいのでしょう。

 

曜日、時間も

夜、土日等 様々に対応していて

沢山の方が学ばれています。

 

第7位 絵画

 

油彩、水彩、絵てがみなどいくつもグループがあります。

 

定期的にロビーなどで 展示会をしているので

 

好きな絵、タッチな先生のお教室を

選ぶのも一つの方法です。

 

絵は特に 指導者に似てくるものなので。

 

第8位 料理教室

 

いくつもある中 半数以上が"男性向け"です。

料理の基礎から学べるので 人気があります。

 

元々興味があったり

お昼くらいは作れるようになりたい等で

始められる方が多いです。

 

妻に教えてもらうのは 気恥ずかしい方に!

 

第9位 フォークダンス・スクエアダンス

 

3位の社交ダンス、フラダンスと違い

こちらは足腰を衰えさせないための 健康維持な意味合いが強いです。

 

ことに スクエアダンスは

リハビリにも使われるくらい 動きそのものは難しくありません。

 

第10位 書道・硬筆

 

案外少ないなと感じたほど

私の周りでは 書をたしなむ方は多いです。

 

太筆でのダイナミックな筆致

整列も美しい漢詩

細筆での薄墨を使ったひらがなの作品まで

 

こちらも定期的に展示会があります。

 

作品の提出〆切や 昇段試験などもあり

モチベの維持には事欠かないです。

 

 

まとめ | 50代で始めるなら 仲間がいると心強い

 

いかがだったでしょうか。

 

この調査は

私の居住市の公民館を 全部調べて

統計を作ったものです

 

趣味を探すときの 手段の一つに

公民館を推していますが

 

それは 家で一人でできる趣味とは違い

人との交流の中で 技術や楽しみを得られるからです。

 

体感として

ポイント

50代から趣味を始めるのなら

一人でできる趣味と  みんなでやる趣味があると ベストです。

 

お話しを伺っても

趣味が一つと言う方は まずいません。

 

コロナ禍の今も

感染対策をして 活動は続いています。

(合唱は流石に休止ですが)

 

交流から友人ができ

誘われてまた違う趣味にも 携わってみる…

 

そんな流れもできたりするのです。

 

公民館は市役所の支所や 図書館が併設されている所も多いので

 

そちらに用があった時にでも ポスターなどに

目を止めてみてくださいね。

 

-定番な趣味

© 2021 大切なものはすぐ近く Powered by AFFINGER5