スポンサーリンク

新井幸雄のフェイスブック特定「介護スキルを積んだ中堅職員」北海道北広島市特養事件

スポンサーリンク

北海道北広島市の特別養護老人ホームで入居者の顔を殴り重傷を負わせたとして 介護職員、新井幸雄容疑者(28)が逮捕されました。あらい幸雄容疑者のフェイスブックを調べて 新井ゆきお容疑者がどういう人物だったのか Facebookから画像を探します。

スポンサーリンク

新井幸雄容疑者のフェイスブック「地元出身の介護職員」

新井ゆきおのFacebookを調べていたら 北広島市在住のアカウントがありました。

arai

arai

アイコンも画像もありませんし 居住地のないアカウントもあるので可能性に過ぎませんが、もう一つ誕生日の記述がありました。

arai

1993年生まれとあります。今年は2021年ですから 新井幸雄容疑者の28歳というのは合致します。唯一つ投稿されていた画像がありました。8年前ですから二十歳くらいでしょうか。戦隊もののイラストのようです。

arai

活発に使われていたFacebookではありませんが 新井幸雄容疑者のものである可能性は高いです。友達欄には同じ大学(北海道)の人も多いです。充実した大学ライフをおくっていました。

スポンサーリンク

新井幸雄容疑者「ホープと期待される若手介護士だった」

arai

介護職は今も離職率の高い人手不足な業種です。そこに大学を卒業した新井ゆきお容疑者は 既に6年も継続して働いています。あらい幸雄容疑者がこころざしを忘れることなく 毎日の介護に励んでいた証です。

新井幸雄容疑者が勤務していた特別養護老人ホームは介護認定で要介護3以上でないと入居ができません。介護3の認定基準は

「日常生活のほとんどに介護が必要である状態」

なので意思疎通が難しい入居者は多いです。当然認知症の人も多く 寄り添いながら言葉をかけながら 目線を合わせてケアをしていく介護職のストレスは相当なものです。

「暴れたから押さえつけるためにやった」「殴られたからカッとなった」と新井ゆきお容疑者は供述しています。現場になったトイレ介助は、介護される側にもデリケートな問題です。つい手を出されて瞬間的に殴ってしまい止まらなくなりました。

全治1ヶ月のケガを82歳の老人に負わせたことは 同情できません。しかも家族が顔の腫れに気付いて問いただすまで自分からは言ってなかったのです。

スポンサーリンク

新井幸雄容疑者と同じ介護職の゛暴行事件

北海道の釧路市で去年あった事件です。病院の付き添いに行った介護職員がいきなり平手打ちをしました。動機は「利用者の言動に腹が立った」です。平時は受け流せてもできない時がある。新井幸雄容疑者も積もり積もったものが暴力に繋がりました。

また熊本では今年職員が暴行容疑で逮捕されています。

動画をみた視聴者のコメントです。

arai

「まぁ、雑だけど実際このレベルならざらにいるんだよなぁ。」

確かに声掛けも一応しています。コメントにも頷けるところはありますが 子供の虐待と同様に目の前の介護者が「人」に見えなくなって エスカレートしていく悪循環はあらい幸雄容疑者と同じです。

新井ゆきお容疑者は容疑を認めています。

スポンサーリンク

【追記】新井幸雄容疑者が勤めていた特別養護老人ホーム

arai

報道で施設の映像が出ました。施設名は公表されていませんが、北広島市の特養は3つだけなのでGoogleマップで調べたところ「北広島リハビリセンター 特養部四恩園」ではないかと思われます。

arai四恩園サイトの写真から

アングルは違いますが一階部分に類似箇所が見られます。

スポンサーリンク

新井幸雄容疑者のFacebook

あらいゆきお容疑者のフェイスブックは可能性の高いものをみつけられましたが、顔画像は報道にも出ていません。代わりに介護職をしている男性の画像をみつけました。新井ゆきお容疑者もこのようにはつらつと働いていたのでしょう。もったいない事をしたものです。

新井幸雄容疑者の画像はわかり次第 追記していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました