スポンサーリンク

小林久美子さん「平穏な二人暮らしが突然奪われて」千代田区タクシー事故

スポンサーリンク

東京都千代田区でタクシー待ちをしていて事故に巻き込まれ亡くなられた 小林久美子さん(73)の人となりがわかりました。(遺族が12日午前中にインタビューに応じました)

小林久美子さんは弟(69)と二人暮らしで性差のない社会を目指す啓蒙活動をする民間団体の役員を務めていました。事故当日も講演会を終えた後 ゲストを乗せるタクシーを拾おうとして事故に遭ったのです。

スポンサーリンク

姉・小林久美子さんと弟の最後の会話

小林久美子さん
小林久美子さん 遺族提供 朝日デジタル

朝 弟さんに「今日は会合があるから昼に出て 帰りは午後6時頃になる」と出かけて行きました

そして、これが最後の会話となりました。
1日の予定をきちんと報告する、仲の良い姉弟だったことが会話からもわかります。

インタビューに応じた弟さんは

「大変な事件が起きたんだけど それがなんでうちの姉だったの?」

とショックを隠せない様子です。
まだ捜査中でお姉さんとの対面は果たせていない為、現実感がないとも話しています。

スポンサーリンク

小林久美子さんを小さい頃から知っている女性は

小林久美子さんは食事作りなど家事をになう一方 色々な事に問題意識があるアクティブな女性でした。勉強熱心で家でもよく仕事に関する本を読んでいたと弟さんが証言しています。

小林久美子さんと長年つきあいがあった近所の女性(79)は事故は新聞の報道で知ったそうです。

「弟さん一人になってしまう。まさか、こういうことになるとは、悲しいです、なんともいえません」「小さい頃から知っている。優しいお嬢さんだった。早くに母親が亡くなって、大変だったと思う」

と涙を浮かべました。

長い年月、姉と弟だけで仲睦まじく暮らしていたのです。
近所づきあいにトラブルもなく 自分の興味にまい進していた活動力がうかがえます。

弟さんは「姉と対面ができたあと 現場を見に行こうと思っています」と話しています。

小林久美子さんのご冥福をお祈りします。

千代田区事故現場
千代田区タクシー事故現場地図
yomiuri online

コメント

タイトルとURLをコピーしました