スポンサーリンク

佐藤剛社長会社は”(株)佐藤剛建”「いわき市本社の土木会社って一つしか・・・」猪苗代湖ボート死傷事故

スポンサーリンク

2020年9月、猪苗代湖で沖合を泳いでいた家族がトレジャーボートに巻き込まれ、4人が死傷した事故で警察はボートを操縦していた土木会社社長・佐藤剛容疑者(44)を逮捕しました。

社長でありながら会社名は公表されていません。会社の特定を試みます。

スポンサーリンク

代表が”佐藤剛”の いわき市の「土木会社」は(株)佐藤剛建のみ

福島県の公式サイトで建設業許可業者名簿 (福島県内に主たる営業所のある業者)を調べました。
佐藤剛容疑者が社長をしている会社の本社は居住地の東京ではなく 福島県いわき市だからです。

8846業者ある中で”佐藤剛”が代表を務めている会社が2つありました。

さとうごうけん

佐藤剛健

こちらはホームページを見ても土木建設会社です。

もう一つは

佐藤つよし

にせ剛健

2つ目の会社は業務内容を見ても土木会社ではありません。いわき市の土木会社で会社代表が”佐藤剛”なのは最初の(株)佐藤剛建だけだと言えるでしょう。(追記:9月15日16時45分現在サイトを見ることが出来なくなりました。)

佐藤剛健

 

断定はできませんが この処置を見ても佐藤剛容疑者の会社は”(株)佐藤剛建”の可能性が高いですね。

会社社長という立場で1年も逃げてしまった結果 取り返しがつかなくなったのでしょう。これから残された従業員、その家族の生活は茨の道です。トップの不祥事はそれだけ影響力が高いのです。

 

逮捕された時は東京の会社だと思ってわからなかったけど㈱佐藤剛健っていわきでは知ってる人も多いし福島第一原発や除染の仕事もやってるから驚いてる人は多いよなぁ…。

今は閉鎖されているホームページですが、福島の土木工事会社として手広く運営していたのがわかります。原発、除染が絡んでくると開発計画にも関わってきそうです。

スポンサーリンク

佐藤剛容疑者の経歴

名前 佐藤 剛(さとうつよし)

年齢 44歳(2021年9月14日現在)

職業 土木会社社長(本社いわき市)

住所 東京都中央区勝どき1

容疑 業務上過失致死傷容疑(否認中)

佐藤剛 住所

警察発表の経歴です。

スポンサーリンク

佐藤剛容疑者が事故を起こした猪苗代湖中田浜の当時の状況

中田浜

中田浜は2020年9月は新型コロナウイルスの為 海水浴場は開いていませんでした。

事故直後の県警の発表によると、被害に遭った家族らがいたのは中田浜から200~300メートル沖合です。猪苗代湖での航行可能区域は原則として沖合300メートル以遠と定められていますが、中田浜は他の浜よりも複雑な地形のため、各岸から150~200メートル以遠が航行可能区域となっていました。

しかし、県警と地元消防や自治体でつくる「猪苗代湖水上遭難対策協議会」が利用者向けに作成していた
「猪苗代湖利用区分マップ」には徐行義務のある区域となっていたことが判明。利用者に誤った情報を公開していたことが明らかになりました。

 

つまり 佐藤つよし容疑者が運転していたプレジャーボートは航行可能区域を走っていた可能性があります。それは事故当時ボートに乗っていた知人男性(39)の「どうしてあそこで泳いでいたのか」と驚いた様子で話したことからもうかがえます。

被害に遭った家族は徐行義務区域、運転していた佐藤剛容疑者は航行可能区域だと認識していたともいえます。だとすれば事故の遠因は対策協議会にも及ぶかもしれません。

「猪苗代湖水上遭難対策協議会」は航行区域の誤情報を公開し 県が今年3月に指摘、7月に訂正しています。

スポンサーリンク

被害者家族が佐藤剛容疑者に求めること

亡くなった豊田瑛大さんの一周忌が9月6日に猪苗代湖の中田浜にて執り行われました。

母親によると、事故は突然エンジン音が響き、振り向くと目の前に迫ってくるボートが見え、4人は逃げる間もなく巻き込まれたと。プカプカ水にライフジャケットを着て浮いている人間に向かって 10人乗りのプレジャーボートが猛スピードで突っ込んできたら・・・

恐ろしいとか怖いとか感じる間もなかったでしょう。

瑛大さんは母親の前で傷つき、母親自身も両脚をひざ下から失いました。知人の男児も重傷を負いました。
母親の意識が戻ったのは2日後で「最後に瑛大を抱きしめることもできなかった」と当時のことを思い出すと今も悲しさがこみ上げてくるといいます。

瑛大さんが亡くなった中田浜に祭壇を設け、寝る時も旅行に行く時も一緒だったトラのぬいぐるみと大好きだったサッカーのボール。献花には元気な瑛大さんのイメージにぴったりなヒマワリの花を選んで供えたそうです。

母親は今年1~4月までリハビリを続け、義足で歩けるまでに回復しました。その義足にもヒマワリの花がプリントしてあります。

「さびしくしていないかな。きっといつかあえることをしんじているよ」

瑛大さんがすぐに読めるようにと平仮名だけで書いた手紙です。そしてこの僅か1週間後に佐藤剛容疑者の逮捕が報じられました。

ご両親は取材に対して
「このまま犯人が特定されないかもしれないと、不安な日々を今まで送ってきました。本日、犯人が逮捕されたと聞いて一応安堵しておりますが、犯人が逮捕されても、瑛大を失った悲しみは癒えません。今後真実が明らかになることを願っております」

業務上過失致死傷では、一般的に身柄の拘束がない書類送検の事案のケースが多いなか、福島県警察本部捜査1課によると「逮捕の必要性があった」として、9月14日に逮捕に踏み切りました。続報は追記します。

 

佐藤剛航行動画で事故ボート確認「中田浜マリーナ社長が警察に供述」猪苗代湖ボート死傷事故

佐藤剛のクズっぷり新証言「事故直後の話がゴロゴロ出始めたら更に酷かった!」猪苗代湖ボート死傷事故

コメント

タイトルとURLをコピーしました