スポンサーリンク

葬送のフリーレン【28話】僧侶と後悔

スポンサーリンク

frieren28

2021年のマンガ大賞受賞作「葬送のフリーレン」(原作 山田鐘人、作画 アベツカサ)の1話ごとのストーリーです。2023年のアニメ化も決まりました。

葬送のフリーレン【各巻まとめ】

<<<葬送のフリーレン【27話】平凡な村の僧侶

僧侶ザインを仲間に引き入れようとするも、彼は救いがたい程の破戒僧でした。

酒にギャンブルに女と、冒険者になる事をそれで目指した彼。

こんな僧侶を仲間にしてもいいのかと、真剣に悩むシュタルクにフェルン。

しかしこれからの旅にはどうしても必要な人材確保の為に、彼の想いを知る事になるフリーレン。

はたして、彼は仲間になってくれるのでしょうか?

frieren

スポンサーリンク

葬送のフリーレン【28話】僧侶と後悔

村長とのギャンブルで身ぐるみを剥されたシュタルクとザイン。

 

フェルンに服や装備を買い戻してもらましたが、彼女は怒っており、二人とも素直に謝りました。

 

僧侶にも関わらずギャンブルをするザインは最低だと怒っていたフェルン。

フリーレンは僧侶なのに飲酒をしていたハイターの弟子が何を言っているのかと思うも、お酒は百薬の長だとドヤ顔で言うフェルンに、ハイターの教育が偏っている事に頭を悩ませます。

 

しかしフリーレンはザインを仲間にする事はさておき、冒険者にする事には前向きでした。

 

いつもとは違い、誰かの背中を押すフリーレンは、かつて仲間だった勇者ヒンメルがした事を真似したくなっていたのです。

 

その日からザインを仲間にする為に彼を勧誘しますが、頑なに彼は仲間になろうとはしませんでした。

 

ザインにとってはフリーレンの存在は眩しいものでした。

かつて冒険者になると宣言した親友に、一緒に行こうと誘われた時の事を想い出し、何で今更と、彼は複雑な心境を抱いていました。

 

迷いが晴れないザイン。

 

そんな彼をどうやって仲間に入れればいいのかと、彼の身内である兄にフリーレンは相談を持ち掛けます。

 

ザインが好きなモノをあげてみれば‥と考えたフリーレン。

 

しかし兄が言うには彼が好きなのは酒にたばこにギャンブルと、ろくでもないモノでした。

あからさまな破戒僧だと呆れるフェルンは、ハイターは真面目な僧侶だったと、かつての師を尊敬しますが、フリーレンは真面目な僧侶とは何だろうと悩むのでした。

 

参考にならない中で唯一に上がったのは女性の好みでした。ザインは年上のお姉さんが好きだと知ります。

 

これならいけるとシュタルクとフェルンはフリーレンを見ます。

 

教会に訪れたザインに、フリーレンは年上のお姉さんと旅をしたくないかと訊ねます。

 

その問いに、ザインはその為に冒険者になる事を目指していたと、乗り気になります。

 

で、その年上のお姉さんはどこだと、乗り気になったザインに、私だとフリーレンが胸を張ります。

 

ザインは酷く落ち込み、お姉さんじゃない・・・と嘆きます。

 

そんな彼に色仕掛けを試みるフリーレン。

 

かつて師匠であったフランメに教えてもらった色仕掛けをここぞとばかりに試み、ザインに投げキッスをします。

意に関さず何をしているんだと、首を傾げるザイン。

 

シュタルクとフェルンはフリーレンが大胆過ぎると驚愕し、ザインだけが冷静に何をしているんだろうと悩んでいました。

 

色仕掛けが効かないなどおかしい。かつてこれで勇者ヒンメルを失神させ、罪な女としての業を背負った筈の必殺技が効かないと驚くフリーレン。

 

流石は聖職者だと、改めてザインの凄さを知る三人。

 

そんな面々にいい加減にしろと言い、冒険者になる気はないと言うザイン。

 

親友を追いかけたいのでは?と問うフリーレンの言葉に、彼は寂しく応えます。

 

もう10年も経った、と。

 

3年で迎えに来ると言い、結局、戻る事はなかった親友は既に死んでいるのだと、彼は親友の死を受け入れていたのです。

 

フリーレンは確かめていないのに諦めている彼に、まだ10年しか経っていないと言い、今逢いに行かないと後悔すると、彼の背中を押します。

 

しかしザインには離れられないもう一つの訳があったのです。

それは兄の事でした。

 

かつてハイターによって聖都で司祭になる事を進められた兄。

 

でも彼はその誘いを断ってしまいます。

 

この村は幼い頃両親を亡くした弟ザインの故郷であり、この故郷を離れる訳にはいかないと、兄はザインの為に司祭の道を諦めたのです。

兄は自分の為に聖都行きをあきらめた。

そんなザインの言葉を聞き、思わず彼の頬を平手打ちする兄

 

おまえと私を一緒にするなと声を荒げます。

 

自分はあの時の選択を後悔していないと言い、ザインが親友の誘いを断り、一緒に行かなかった事を後悔している事とは違うときっぱり言います。

 

いつまで後悔をするのかと兄に問われ、ザインはようやくに迷いが吹っ切れた様に、決意を新たにします。

 

親友を探す為に冒険に付き合う事になったザイン。

 

目的地は何処かと聞くと、天国と返され、ほっといてもいつか行ける場所だと言うザインでしたが、フェルンは行けるのですかと、嫌味そうに訊ねてきます。

仲間になったのは早まったのかと悩むザインは、フリーレンの4人目の仲間になりました。

 

続きはこちらから
葬送のフリーレン【29話】理想の大人>>>

 

スポンサーリンク
【葬送のフリーレン】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
◆Newsリップル◆

コメント