スポンサーリンク

葬送のフリーレン【66話】好きな場所

スポンサーリンク

frieren

2021年のマンガ大賞受賞作「葬送のフリーレン」(原作 山田鐘人、作画 アベツカサ)の1話ごとのストーリーです。2023年のアニメ化も決まりました。

葬送のフリーレン【各巻まとめ】

<<<葬送のフリーレン【65話】エトヴァス山の秘湯

frieren

葬送のフリーレン【58話】ゼーリエの直感

葬送のフリーレン【59話】小さな人助け

葬送のフリーレン【60話】旅立ちと別れ

葬送のフリーレン【61話】封魔鉱

葬送のフリーレン【62話】旅立ちの理由

葬送のフリーレン【63話】南の勇者

葬送のフリーレン【64話】剣の魔族

葬送のフリーレン【65話】エトヴァス山の秘湯

 

スポンサーリンク

葬送のフリーレン【66話】好きな場所

北側諸国の城塞都市ハイスへと到着し、温泉と魔法店巡りを楽しんでいたフリーレン。

 

暇を持て余していたシュタルクとフェルンは、何故か、一日デートをする事になってしまいました。

 

暇だから構って欲しいと言うフェルンに、思わず明日はデートをしようと誘ったシュタルク。

 

その後にフェルンにボコられてしまうのではと、身構えていましたが、フェルンは本を落としながらも、シュタルクからのデートを快諾したのでした。

つまりシュタルクはフェルンとデートする事になってしまいます。

 

この状況に震えてしまったシュタルクは、どうすれば良いのかとフリーレンに相談をしてしまいます。

 

誰に相談しているのかと訊ね返され、今までのフリーレンの反応を思い出し無理だったと諦めてしまうシュタルクに、フリーレンは乙女心ぐらいは解かるとムキになります。

そんな自信ありげなフリーレンに、もし自分がデートに誘ってきたらどう思うかと、訊ねてみると。

 

シュタルクも大人になったと感心し、ご飯を奢っちゃうと言われ、フリーレンにどこかお婆ちゃんみたいと言ってしまったシュタルク。

 

「クソババァ」に続き、「お婆ちゃん」と言った事に、次は無いと言うフリーレンに恐怖し、もし三度目をしたらどうなるのかと訊ねるシュタルクに、フリーレンは言います。

 

癇癪を起して泣くと。

 

かつてヒンメルも恐れたほどの癇癪だと、自慢げに言うフリーレンの恐ろしさに驚愕するも、やはりフェルンとのデートに悩むシュタルク。

 

フリーレンにどうするのかと訊ねられ、今更に断る事は出来ないと言うシュタルク。

シュタルクはフェルンの大好きな場所をフリーレンに訊ねます。

 

彼の問いにわかるかもと応えたフリーレンは、ならばデートの下見に行こうとシュタルクと共に街へと出かけます。

 

彼女が好きそうなお店や通り、出店などを紹介し、そして見通しいの良い景色の見える高台へと辿り着くと、シュタルクはフリーレンに感謝します。

 

フェルンの好みを知っているのだと、そんな彼の意見に、知っているのではなく教わったのだと言うフリーレン。

彼女はかつてハイターからフェルンの好みを聞いていたのでした。

 

親代わりになって欲しいと望んでいたハイターの想いには応えられなかったと言い、未だに好きな物を全て知る事が出来ないと言うフリーレン。

 

でも、ちゃんと好きな事を覚えているとシュタルクはフリーレンに感謝しました。

ハイターの代りの親を勤められていると言われ、フリーレンは「お婆ちゃん」と言われた前言をなかったことにしてあげようと笑うのでした。

 

そしてデートの日・・・どれを着ていけばいいかと悩み、フェルンに相談されてしまうフリーレンは、適当にと言うも、怒った彼女にいつものツインテールを三つ編みにされてしまいます。

 

お気に入りの洋服を着て、シュタルクと共に街に出掛けるフェルン。

 

このデートはどうなるのでしょうか?

続きはこちらからどうぞ
葬送のフリーレン【67話】穏やかな時間>>>

「葬送のフリーレン」はAmebaマンガで読めます。


【葬送のフリーレン】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
◆Newsリップル◆

コメント