スポンサーリンク

葬送のフリーレン【75話】霧を晴らす魔法(エリルフラーテ)

スポンサーリンク

frieren

2021年のマンガ大賞受賞作「葬送のフリーレン」(原作 山田鐘人、作画 アベツカサ)の1話ごとのストーリーです。2023年のアニメ化も決まりました。

葬送のフリーレン【各巻まとめ】

<<<葬送のフリーレン【74話】神技のレヴォルテ

frieren

葬送のフリーレン【68話】北部高原

葬送のフリーレン【69話】皇帝酒(ボースハフト)

葬送のフリーレン【70話】ノルム商会

葬送のフリーレン【71話】討伐依頼

葬送のフリーレン【72話】将軍

葬送のフリーレン【73話】遭遇戦

葬送のフリーレン【74話】神技のレヴォルテ

 

スポンサーリンク

葬送のフリーレン【75話】霧を晴らす魔法(エリルフラーテ)

魔族の男から放たれた魔法を、障壁で弾きながら距離を取るフェルン。

 

フリーレンに一人で戦う事を任され、一人で魔族と立ち向かうことになったフェルンは、身を隠すも、直ぐに居場所を見透かされてしまっていました。

 

魔族の男が放った霧の魔法は全域に展開し、何処にいるかを把握できる魔法でした。

 

例え魔力を断っていても、すぐわかると言う魔族の男。

 

霧のせいで視界も悪い上に、魔法も簡単に防がれるため相性が最悪だと思うフェルン。

 

それはメトーデも同じでした。

 

自分が相手にしていた女の魔族は、フェルンが対峙している奇抜な攻撃を仕掛ける男の魔族とは違い、堅実なまでの実直な剣技を魔法として使い、斬撃の衝撃波を叩きつけて来る戦い方をしていました。

 

実直故に、練り上げられた攻撃は正確無比で、防戦一方となっているメトーデ。

 

攻防一体となり、実に練度の高い戦士だと、正面からの戦いに不利だと察したメトーデ。本来ならフェルンと2人で戦うのが良策。

しかし、この霧ではフェルンの潜伏は看破されてしまうと読んだメトーデは、ある事を思いつきます。

 

魔法の霧を晴らせば、この戦局が変わると読んだメトーデは、暴れる事を決めます。

 

無数の魔法の光弾を放ち、猛攻を魔族の女に加えていくメトーデに、防御しきれない魔族の女は、背中からメトーデの一撃を喰らってしまいます。

 

メトーデの攻撃で片腕に傷を負い、この手法が北部高原で魔族を狩っていた、ある部族と同じである事を思い出した魔族の女は、笑みを浮かべながらに斬りかかってきます。

 

メトーデは再び魔法の光弾を連続に放つも、それは魔族の女にとっては違和感のある攻撃でした。

 

殺意がまるでなく、何か牽制している様な魔法の攻撃に気付いた女の魔族に、メトーデは薄笑いをして伝えます。

霧の魔法の解析は終わったと。

戦いしか知らない魔法使いは、戦いの為の魔法しか使えないと言い、魔法はもっと楽しいモノだと言うメトーデは、霧を晴らす魔法を使い、広がっていた濃霧を晴らします。

 

刹那、霧が晴れた事を察した魔族の男は、無駄な足掻きと直ぐに霧の魔法を再展開しようとしますが、目の前にいたフェルンを見失います。

 

何処へ行ったかと、探した瞬間・・

 

彼は「魔族を殺す魔法」の一撃を受け絶命しました。

 

自分の姿を完全に消し去り、相手の死角から魔法を放つ正確無比なフェルンの魔法は、メトーデを襲う女の魔族をも、遠距離から精密に貫き消し飛ばしてしまいます。

 

弾道予測すらさせない、超遠距離の魔法狙撃を成功させたフェルンを素直に褒めるフリーレン。

 

フェルンは二度とこんなキツイ戦いをしたくないとフリーレンに告げました。

続きはこちらからどうぞ
葬送のフリーレン【75話】霧を晴らす魔法(エリルフラーテ)>>>

「葬送のフリーレン」はAmebaマンガで読めます。


【葬送のフリーレン】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
◆Newsリップル◆

コメント