スポンサーリンク

桂田精一社長の会見「土下座はポーズ」知床遊覧船事件しれとこ村

スポンサーリンク

23日の知床遊覧船の事故で27日の午後4時40分頃から、予定より1時間余り遅れて社長の桂田精一氏が初めて記者会見を開きました。

会見を今までしなかった理由について「会見をやって欲しくない人もいるので説得している」と話していた桂田精一社長ですが、家族は「やって欲しくないと言った人はいない」と回答しています。国土交通省が桂田社長に会見をやってくれと言った形です。

桂田精一のコンサル「関係ないと言わんばかり」知床遊覧船事件

桂田精一社長の家族「妻と小さい女の子がいる」知床遊覧船事件しれとこ村

桂田精一は知床遊覧船社長「メンテに金はかけたくない」知床遊覧船しれとこ村

スポンサーリンク

桂田精一社長の会見「土下座はポーズ」

4月27日の会見は2時間半に及びました。桂田精一社長は3度席を立ち土下座をしました。前日の26日には”誰か”と長時間電話をしていた姿が目撃されています。

katsurada
北海道新聞

斜里町長、国土交通省の役員からマスコミへ注意など挨拶があった後、登壇
観光協会の飯村さんが進行

皆さん、このたびはお騒がして大変申し訳ありませんでした。当社の船舶グループの中で事故をおこしてしまい亡くなられた方 捜査中の方大変申し訳ありませんでした。(土下座)現在捜索中の被害者の方々が一日も早く見つかるとお祈りすると共に 当社はできうる限りのことをする。当社として今後 被害者の方々のお気持ちを第一に考えて対処します。

桂田精一社長が把握の時系列で説明があった後、質疑応答がありました。

katsurada

家族への言葉と反応は。聞いてどのように感じたか

ま・・・いまのところ私としては正直な所 ・・・謝罪をするしかございません。代表としては大切な家族を失ったわけで捜索中の方もいらっしゃる。謝罪しても謝罪の仕様がございませんでした。

私が出来る限りのことをやってあげたい。それしか私は考えることができない。

どんな反応があった?

やはり、やり場のない感情を含め、私としては精いっぱいそれを受け止めるだけの会見になってしまった。

スポンサーリンク

説明会までに時間かかった理由、公に出てこなかった理由

まずは被害者の家族の方々と対応と救助活動を第一に考え、また海保(海上保安庁)や国交省(国土交通省)に感謝して原因究明に協力する事。ご家族に誠心誠意尽くす事とおもっていた。私一人ではうまく対応できなかった。申し訳ない。

出航を辞めるような進言があったと思うが出航を決めた理由

多くの方から質問を受けている。過去の天気予報を調べてウトロの波風の状況を調べたが、問題なかった。当日自分も(船を)すれ違う感じでお見送りをした。

午後に天気が悪くなる場合は、船長の判断で戻ってきてもらう事になっていると伝えてある。

当日事務室にいた従業員が「条件付き運航の場合は乗客の受付の時に必ず伝えるはず。自分はその説明をしているのを聞いていない」と証言しました。
国土交通省大臣が「条件付き運航」という考え方はないと明確に否定しました。また、荒れる恐れがある場合は出航できないと明言してます。

8時に豊田船長と本日の打ち合わせをして私が(出航を)決めた。

天候は事故後マスコミの情報で、調べられるんだと思って(自分で)調べた。

2時間半にわたる会見の中で、出航の責任は船長と言ってみたりと二転三転しました。最終的には船長との協議で決めたと発言。

事故を知った経緯

私は知床遊覧船の社員から携帯で連絡が入った。浸水している話が他社に入ってすぐのことだった。

対応は?

漁業関係者に連絡し組合長・知床丸の社長に連絡。今後の行動を仰いだ。

救助チームがあるとのことで一度電話を切る。すぐに波が高くなり風が出てきた。助けにいけないかもしれないと連絡がある。結局は海保に連絡ヘリも出ているので任せるという連絡があり。

当時会長は会社にいなかった。病院(北見)にいた。

第一報を誰から聞いたかわからない、覚えていないと曖昧にしている桂田精一社長。事故日は妻の退院日(第二子出産)で北見の病院にいました。1時13分の一報の前に連絡が入っていたのを重要視していなかった可能性も。
スポンサーリンク

出航の判断

船長が天気図などを見て社長に仰いで判断。他の船(シーズン前なので漁船)は確実に午後は荒れるので出航を辞めた。

豊田船長は荒れるかもしれないという認識だったのか。→シーズン前で他社は出る予定が初めからない。

荒れたら帰れという条件は社長が出したのか。→そういう取り決めになっている。

海の特徴を理解していたのか→はい。

午後は荒れる可能性があるというのを自分では思わなかったのか→その時は思わなかった

こんな北の端まで来てくれる乗客もちょっとは運航して欲しいと思っていると思う。お客様の要望もあるというのをにじませました。

今改めてどう思うか→ ま・・・ いまとなれば事故をおこしてしまったことなので 判断的にはまちがったことだったと思う。

強風注意報と波浪注意報は把握していた。

23日8時の打ち合わせはどこでどのように

海沿いの建物の中、海は見える。事務所ではなかった。直接(豊田船長と)会って話した。

毎日そうなのか→事務所ですることが多い 運航する時は毎日話はする。

安全管理は行き届いていたのか

結果としては安全管理は行き届いてなかった。

安全管理規定について当初「波が1メートル以上で欠航。風速8メートル以上で欠航。視界が300メートル以上ないと出港できない」と言っていましたが、知床遊覧船の安全管理規定に”数値”が入ってなかったことがわかりました。社内で明確な徹底がされていませんでした。

(事務所の)アンテナの故障は(当日)朝8時半に言われた。気づいてなかった。

従業員の言葉では、4月頭から中旬にはアンテナが壊れているのを知っていたはずだと話しています。直した方がいいと話したはずだとも言っています。

豊田船長のFacebookについて

「知床遊覧船はブラック企業」と豊田船長がフェイスブックに書いていた事は知らなかった。

ベテラン船長の大量リストラについて

解雇したのではない。意見が合わなかった。
毎年4月に8~12人の船長を含む船員を募集して運航していた。

4月に雇い、10月に雇止めをするというパターンでした。運航シーズンだけの雇用です。船長には(前年の雇止めの時に)「また来てね」と伝えたけど来なかった。
スポンサーリンク

桂田精一社長が語ったKAZU1の事故発生前の経緯

桂田精一社長が会見前にマスコミに配った資料概要です。

2021年5月のカズワンの船首を海上浮遊物と衝突した事故を起こした。これは豊田船長ではない。

6月船尾の座礁事故の運行は豊田船長だった。従業員もいた。

7月 造船会社に修理をだした。丁寧に直してもらった。JCI(日本小型船舶検査機構)の検査を受け合格。書類はカズワン内にあるので(手元には)ない。北海道運輸局から行政指導。改正報告を提出。

2022年1月からカズワンを陸にあげ造船所に整備を出し4月に終了。

4月20日 検査合格

4月21日 カズワンが他社と共に救助活動をしている

船体に対しても指摘はない。

22日 カズワンで豊田船長が安全確認運航で他社と一緒に23日と同じコースを走る

23日 午前8時 豊田船長と話しをする。船長から出航可能と話があった。荒れれば引き返すの条件付き運航でと決まる。

無線アンテナが外れていると指摘があり9時に修理依頼。

(自分の所がつながらなくても)他の3つの業者(小型船組合)と無線がつながるのでいいと思った。

10時出航

1時13分頃予定時刻から遅れると連絡。

1時18分他の運行会社に無線 船首浸水

他の運行会社が救助要請をしてくれた

4時半 海保が救助活動始める

無線が壊れているのがわかっていながら、当日の運航を決行するのがありえません。他社の無線は繋がるし、衛星電話もあるからと桂田精一社長は本気で思っていたのでしょうか。

カズワンが衛星電話を積んでいたかどうかは確認できていません。

1時13分の第一報はたまたま知床遊覧船の事務所にいた他社の人が気づき、自分の会社の事務所で無線を繋げたと言います。

周遊コースは3時間で、10時に出航してますから、1時の時点ですでに遅延していました。豊田船長はそれ以前にも無線や携帯での連絡をしていたのではないかと見られています。

スポンサーリンク

桂田精一社長に雇われたカズスリーの臨時船長の当日の話

katsurada

当日23日10:20発の短い70分コースで出ていた、カズスリーの臨時船長が話しました。

  • (自分は)折り返し時点で波が高いと感じた。
  • 豊田船長とも朝、話したが返答はなかった。
  • 天気予報を(豊田船長が)確認してないのかなと思った。(確認しないのはありえない。)
  • 時間が経つにつれて波風がたつ予報だった。

“知床遊覧船”は従業員を大事にしない体質だった。海の事は知らない社長が事故につながったと思う。

出航するかどうかは基本的に船長の判断になる。
今回(出航するのに)社長の指示を仰いだかどうかはわからない。

去年1年運航していたから自信があったのでしょうね。元々昔からGW前から運航していた会社だった。
2社の時もあったが単独行動になっていたので、もっと慎重になるべきだった。

船が二隻なのに豊田船長だけというのがおかしい。去年事故をおこしていたので自分が雇われた。船長3人雇って2人事故って残ったのが豊田船長。会員名簿が豊田船長だったので豊田船長が二度事故ったことになっていたが、事故起こしたのは豊田船長ではない。

国交省の検査は修理していないと通らないので、事故当日の波の状態で亀裂が広がったのではないかと自分たちは思っている。

匿名掲示板にこのような書き込みがありました。

katsurada

叔父が若い頃船乗りで’観光船は管理も運営も実戦も適当で杜撰(ずさん)だ 絶対乗るな’って言ってたの思い出した

謝罪するしかないというのはそのとおりですが、10秒間土下座をしても亡くなった方は帰ってきません。「行き場のない怒り」が家族の正直な思いでしょう。

桂田精一のコンサル「関係ないと言わんばかり」知床遊覧船事件

桂田精一社長の家族「妻と小さい女の子がいる」知床遊覧船事件しれとこ村

桂田精一は知床遊覧船社長「メンテに金はかけたくない」知床遊覧船しれとこ村

知床遊覧船事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
まつばをフォローする
スポンサーリンク
◆Newsリップル◆

コメント