スポンサーリンク

小林嘉文(笠岡市長)評判「常に鼻マスク」

スポンサーリンク

安倍元総理が亡くなった次の日に、フェイスブックにてTシャツ着用で弔意を述べた小林嘉文市長。小林よしふみ市長が着ていたTシャツが旧統一教会関連団体の「peace road」だったことから、旧統一教会との関係を疑われています。

小林嘉文市長の評判を調べてみました。

スポンサーリンク

小林嘉文市長の評判「無所属でも自民公明寄り」

kobayashi

kobayashi

岡山県笠岡市の小林嘉文市長は1960年8月29日生まれの61歳です。小林よしふみ笠岡市長は2016年に初当選、2020年の選挙も当選し現在2期目です。

初当選から現在まで政党には属しておらず、「無所属」です。ただ2020年の2期目の選挙では自民党と公明党の推薦を受けています。

フェイスブックにも岡山県の自民党参議院議員小野田紀美氏と写る画像がいくつかあります。

公明党市議ともツイッター上でやりとりがあるところをみると、選挙での推薦をもらった以上の関係がありそうです。

 

安倍元首相が亡くなられた次の日にフェイスブックに出された画像は、現在は「peace road」が見えないようカットしたものと差し替えられています。

kobayashi

写真は7月8日の朝、皇居を走るのに着たそうです。何十枚もあるTシャツの中から、たまたま選んだと小林嘉文市長は弁明していました。

その日選んだTシャツが「ピースロード」だったとしても、安倍元首相に弔意を表す書き込みに使うのはおかしいです。スーツであるべきでしょう。

ピースロードとは、安倍元首相がメッセージを送ったことで知られるUPF(天宙平和連合)の文鮮明総裁が提唱するプロジェクトです。

kobayashi

kobayashi

小林嘉文市長がピースロードの参加者と交流したのは2021年の8月13日です。笠岡市役所前で写真を撮っています。この交流について小林よしふみ市長はこのように書いています。

kobayashi

世界平和を推進する日韓友好親善プロジェクトチームが笠岡に来てくれました。2013年の夏に日韓両国の友好親善を願って、両国の若者たちが自転車で国土を縦走することでスタートした「Peace Bike運動」は、その後さらに多くの世界の若者たちに呼びかけ、アフリカの喜望峰から南米チリのサンチアゴまでの縦走を目指す「Peace Road運動」として大きく発展しました。

kobayashi

現在のコロナ禍の危機を乗り越えていくには、結束・協力・対話・思いやりの精神が必要です。我々は人類一家族の一員です。このような時こそ、人類の精神的な連帯を促進するためにPeace Roadを開催する意義があります。

[中略]

県内の運動では多くの韓国から来られた皆さんも同行され、また到着記念式典には笠岡市内の韓国出身者も応援に駆けつけてくれ、笠岡でも大いに盛り上がりました。

また「ピースロード」のTシャツを着て弔意を書き込んだ日の末文にはこのように書かれてあります。

kobayashi

安倍先生、見ていてください。残された我々は安倍先生から「よし、そのまま頑張れ」と言って頂けるよう、粉骨砕身、市民の為、日本国の為、努力奮闘することを誓います。

心からご冥福をお祈り致します。合掌

小林嘉文市長は今も無所属で政党に属していません。しかし「残された我々は安倍先生から」という文はまるで自民党員のような書き方です。「安倍元総理」でなく「安倍先生」と呼び掛けてもいます。

議員は議員になった時から先生と呼ばれますが、一介の市長の「日本国の為」という言い方と弔意にラフなTシャツ画像。「ピースロード入りのロゴ入り」を選んだことと合わせて違和感があります。

安倍元首相と旧統一教会の関係を踏まえて、”あえてメッセージ性をこめた”Tシャツ画像を選んだと言われても仕方ありません。小林嘉文市長は否定はしていますが。

笠岡市は小林まさふみ市長が市長になる前から、実は韓国とは交流があります。少なくとも2011年には韓国の中学生との交換交流が始まっています。

kobayashi

笠岡市は韓国慶尚南道固城郡と中学生の交流事業をやっています。毎年交互に10人前後の中学生が相手国に1週間ホームステイして。友好関係を深めます。

 

kobayashi

韓国の国会議員の先生方が笠岡湾干拓の視察に来られ、笠岡市役所を表敬訪問してくれました。韓国の全羅北道に「セマングム干潟」があり・・・

韓国と交流があるからといって旧統一教会と関係がある言えませんが、身近な国ではあるでしょう。

スポンサーリンク

小林嘉文市長は辞職勧告決議を受けた

小林よしふみ市長は2021年12月24日に辞職勧告を議会から受けています。

先般の笠岡市議会12月定例会において、辞職勧告決議が議決され、市政の推進に少なからず影響がございましたことは、私の不徳のいたすところであり、市民の皆様方に多大な御心配をおかけいたしましたことに、心よりおわびを申し上げます。引き続き議会と執行部が力を合わせて、頑張っていきます。

小林嘉文市長だけでなく副市長も同時に辞職勧告決議案をそれぞれ賛成多数で可決されました。

理由は笠岡湾干拓地で計画した、農業振興施設のトイレの改修事業費を盛り込んだ予算案でした。この予算案を議会に説明する際、不適切な事務処理を意図的に隠した疑いがあると笠岡市議員から緊急動議を提出されたからです。

しかし決議に実行力はなく、小林よしふみ市長は辞職をせず市長続行を発表して今も市長職に就いています。

スポンサーリンク

小林嘉文市長のプロフィール

  • 小学校から大学まで柔道をしていた
  • 明治大学・商学部卒業後伊藤忠商事に就職、営業で海外赴任を経験
  • 伊藤忠商事に在勤中にハーバード大学に留学(学費免除の上、給料保証)
  • 岡山県笠岡市に戻ったのは2009年、実家の海苔屋を継ぐことになった(年老いた母親が今も店番をしている)
  • 息子が一人(既婚) 中国赴任中に生まれたので中国のお手伝いさんに育ててもらった
  • 最初の妻とは死別
  • 2017年11月再婚、2018年2月に香港に新婚旅行

2009年に小林嘉文市長は捨て犬のライを飼い始めました。友人が小林嘉文市長の妻が犬好きだったことを思い出して連絡をしてきたそうです。

最初の奥様が亡くなったのは2013年頃と言う情報がありました。

店番をしている母親の情報で、笠岡出身のWBAミドル級ボクシング世界チャンピオン(当時)村田涼太さんが年末帰省していると知り、声をかけて家族で市役所に来てもらったとありました。

職権乱用と言えなくもありません。

伊藤忠商事ではハーバード大ビジネススクールの前にも上海復旦大学に通っています。

スポンサーリンク

小林嘉文市長の評判「やっている感演出」

kobayashi

小林嘉文市長は行動力があり、終末期の看取りに入った患者が「市長に会いたい」というのを聞いてかけつけたり、生活保護を受けている人に話を聞きに行き、自分の考えを改めたりもしていました。

小林よしふみ市長は小学校の挨拶運動や、地域の清掃活動にも積極的に参加していますが、ほとんどが鼻マスクです。あぶないと思わないのでしょうか。

子供の頃に突然学校にやってきてはフレンドリーを全面に出して、時間が来るとあっという間にいなくなる大人がいました。先生方は変にペコペコしています。

何しに来たんだろうと子供心に思っていましたが、僅かな時間でも証拠のように画像をあげているところをみると、やっている感の演出だったのかもしれません。

小林嘉文市長のSNSもこのような画像で溢れています。

kobayashi
放課後児童クラブ「中央あいあい」の第4教室完成イベントにて

kobayashi
2021年12月 登校の見守り

kobayashi
住吉港「みなとこばなし」会場にて

kobayashi
国道バイパス道路建設予定地でもある道の駅「かさおかベイファーム」周辺道路のごみ拾い

全部とはいいませんが、鼻マスク多すぎます。誰も注意できないのでしょうか。

ゴミ拾いの画像に至っては、スーツ姿です。集めてもらったゴミ袋を写真の為に持たせてもらったようにしか見えません。

 

ニュース・事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
まつばをフォローする
スポンサーリンク
◆Newsリップル◆

コメント