スポンサーリンク

前山剛久の生い立ち「金に困った事のない成金ボーイ」神田沙也加さん転落事件

スポンサーリンク

週刊文春の1月13日号で前山剛久(まえやまたかひさ)さんが、神田沙也加さんを罵倒した音声データの内容が掲載されました。あまりの内容にSNSで擁護の声も聞こえない程です。前山剛久さんは何故それだけの言葉をぶつけることになったのでしょうか。

スポンサーリンク

前山剛久さんの生い立ち「金に困った事のない成金ボーイ」

maeyama
ORICON

前山剛久さんは1991年2月7日に大阪府で生まれました。高校は進学校でしたが指定校推薦を得て、東京の明治学院大学に入りました。芸能活動を東京でしたかったためです。

前山剛久さんが幼い頃、お母さんは再婚しています。新しいお父さんになった方にも二人子供がいて、子供4人の家族6人になりました。しかし前山さんだけ名字が違いました。

母方の祖父の前山姓。祖父の養子になっていたのです。前山家に男子がいなかったのですね。家業を継いでもらうための養子縁組は珍しい事ではありません。前山剛久さんは大阪で手広く寝具を扱っている祖父の会社の役員に今も名を連ねているそうです。

maeyama

元々前山剛久さんは”スーパーリッチボーイ”というキャッチフレーズで売り出していました。光熱費の存在を23歳まで知らなかったという逸話は良くも悪くも”金持ち”を表しています。

芸能界に入るきっかけのジュノン・ボーイへの応募も母親が熱心に写真を撮りまくっていたり、ブランド服ばかり買い与えていたりで、既に祖父から母親も金満体質になっていたようです。前山剛久さんが大学進学のため、東京へ住むことになった時は、キャッシュでマンションを買い与えたというのですから過保護も度を超えています。

前山剛久さんもまんざらではなく、未だに自宅マンションの契約や売買など母親にやってもらっています。呼び名も「ママ」。親離れというよりは、それは当然のことで自分がやる事ではないと思っているかのようです。

前山さんの妹さんによると中高時代は常に鏡の前にいたといいます。とんだナルシストです。見目麗しく、欲しい物はなんでも手に入るお金持ち。それは自分のお金ではないはずですが、30歳になっても勘違いは治らなかったのでしょう。

挫折、自分の力ではどうにもならないことへの経験が欠けていたとみえます。

スポンサーリンク

前山剛久さんは浮き沈みの激しい神田沙也加さんを持て余したか

maeyama

前山剛久さんがTVから舞台へ活躍できたのは、自分の努力の賜物です。ファンもできミュージカルからもコンスタントに声がかかるようになって、舞台で出会った神田沙也加さんとも本気で交際をしていたのでしょう。

勝どきのマンションの契約が通っていたという事は、二人の資金でローンを組む審査に通ったという事ではないでしょうか。祖父(母)からのお金でなく自分たちだけで。

神田沙也加さんは精神安定剤を自分で体調を考えて服用していました。常用ではなかったと言われていますが、「マイ・フェア・レディ」の北海道公演時に東京から薬の持参を忘れました。おそらくそれを知っている人は極わずかだったはずですが、公演の間”お守り”のような薬が手元にないのは、かなり不安だったと思います。

何故、現地でも処方してもらわなかったのかと思わないでもないですが、有名人であることから病院に行くのは憚れたのかもしれません。

恋人なのに元カノと連絡をとらないなど誓約書を書かせられたりで、神田さん側にも自分だけを見て欲しい束縛癖があります。前山さんも自分への信用が疑われた感覚もあったでしょう。

それでも言っていい言葉ではありません。

しかしその後12月16日に一旦二人はやり直すことで同意しています。落ち着いたかに見えた後の最後の鍵は、「ノドの検査結果で手術が必要」との報告だったのではないかと見られています。

歌手の坂本冬美さんもノドの手術を受けましたが、今は元以上に艶やかな声を取り戻しています。神田沙也加さんはそれを正常に捉えるゆとりはなかったのでしょう。

スポンサーリンク

前山剛久さんは活動休止を発表

maeyama

前山剛久に関するお知らせ

平素は格別のご高配を賜り深く御礼申し上げます。

弊社所属俳優の前山剛久に関しまして、昨年末より心身に不調をきたし現在も治療を続けておりますが、未だ仕事をすることが困難な状況にあるため、出演を予定しておりました舞台『ピアフ』を降板させていただくこととなりました。
なお、治療に専念するため、当面は活動を休止させていただくことを併せてご報告申し上げます。
日頃より応援してくださっている皆様、舞台『ピアフ』のキャスト、スタッフの皆様、ご関係者の皆様には多大なるご迷惑をおかけいたしますことを深くお詫びいたします。

事務所からの発表が文春が音声データの報道をした30分後だったため、報じられた内容は真実だったのではないかと言われています。

活動休止であって停止ではないので 鈴木達央さんやLisaさんと同じようにいつのまにか復帰している可能性はあります。

神田沙也加さん転落事件まとめ

コメント