スポンサーリンク

前山剛久と元カノLine画像は合成か「文春が仕込んだ罠」

スポンサーリンク

神田沙也加さんが12月18日に亡くなった後、真剣なお付き合いをしていましたと述べた前山剛久さん。その後元カノとのライン内容が文春に掲載され二股疑惑。年が明けてそのラインの画像が出回りました。この画像は本物なのか捏造なのか誰がリークしたのか検証します。

スポンサーリンク

前山剛久さんと元カノA子のライン画像の不審点

ツイッターに画像をあげたのは”滝沢ガレソ”という方です。最初は1月2日に上げて削除。次に文春オンラインで記事がわかる1月5日に再度上げてまた削除。現在はまとめサイトでしか見ることができません。

maeyama

内容そのものは12月22日に文春が既に報じていたものでした。

〈A子、お疲れ! 神田さんと整理つけるのに、バタバタしてた(泣き顔)〉

これは、前山がA子に送ったLINEのメッセージだ。〈神田さんと整理〉とは何を意味するのか。LINEはこう続く。

〈なんとか別れたよ!笑〉

事情を知らないA子が〈すご笑〉と反応すると、前山はすかさず、

〈めっちゃ大変だった!笑 今度話聞いてもらっても良い(汗)?〉

〈いつ時間あるー?〉

流出したライン画像が大きく取り上げられたのは、文春では”A子”と伏せられていた元カノの名前が「小島みゆ」とわかるように明記されていた事でした。

maeyama

ただ、この画像には色々疑問点があります。文春が報じた内容は入っているものの、その前後に前山剛久さんと元カノしか知らないようなやりとりが見られるからです。

スポンサーリンク

前山剛久さんの「もうすぐ”お茶ノ水”に引っ越す」

1月5日の文春による音声データの書き起こしで、前山剛久さんは神田沙也加さんと内見して決めた勝どきのマンションではなく、一人で住むためのマンションを契約をして「1週間で引き払う」「なんで俺のこと信じないの」と神田さんと口論になっています。

しかし”お茶ノ水”の名前はこの画像で初めてでてきました。「もうすぐお茶ノ水に引っ越す」ということは、前山剛久さんが契約した口論の種になったマンションの場所ではないかと思われます。

スポンサーリンク

“小島みゆ”さんは10月末に引っ越しの準備をしていた

maeyama

前山剛久さんと元カノA子さんは一時期同棲をしていました。それが2021年後半の事なのかはわかっていませんが、”小島みゆ”さんが「お茶ノ水」を知っていたように、前山剛久さんも”小島みゆ”さんが引っ越しで忙しかったことを理解していたようです。

その引っ越しが前山剛久さんから別れを切り出したための別居だとしたら、”小島みゆ”さんは相当の強メンタルです。

“小島みゆ”さん宅の玄関に置きっぱなしのテレビ台の移動を手伝うと言っていますが、最後の「いつ会える?」に対して「16とかかなあ」と言っていることから、北海道公演直前と推測は出来ます。前山剛久さんと神田さんは10月から交際を始めているので10月、11月の16日である可能性は低いからです。

音声データの口論は12月中旬だったと文春が報じています。

「マイ・フェア・レディ」は東京の帝国劇場で11月14~28日。その後埼玉(12/4)、岩手(12/10、11)、北海道(12/17~20…17日は元から朝夏まなとさんチーム)、山形(12/25、26)、静岡(1/1~3)、愛知(1/6、7)、大阪(1/12~14)、福岡(1/19~28)・・・と11月中旬から1月末までの全国公演です。

もちろん移動日や休養日はありますので、前山剛久さんが東京に戻ってくることは可能ですが、ここまでのロング公演だったと”小島みゆ”さんは知らなかったかもしれません。

スポンサーリンク

ライン画像データの不審点

神田さんが元カノと連絡をとらないでと言い、同意した前山剛久さんでしたがやりとりは続いていました。であればこの画像のスクロールバーは長すぎます。元カノとは7~8年つきあっていたのであればスクロールバーは1㎝もないのではないでしょうか。付き合いの長さから考えても違和感はあります。

やりとりの画面を作り直した可能性は否定できませんが、逆にそうなら材料があれば誰でもできることではあります。

スポンサーリンク

“小島みゆ”さん自らライン画像捏造説

5chでこんな書き込みを見つけました。

maeyama

みゆぴなのインスタに「前山剛久さんとのLINE画像でまわってますけど本物なんですか?そうでないなら噂が広まってるのでねつ造だと言った方がいいと思いますこのままだと誤解が広まりますよ」的な事コメントしたらコメント消されたあげくこのストーリーアップ 何か意味深

リンクから飛ぶとこの画像が出ました。意味深以外に言葉は見つかりません。

maeyama

またこのようなものもありました。

maeyama

上の方のレスで前山以外の本命彼氏がいてあのLINEで「こいつやべーな」ってなってて自分でリークした説書いてる人いたよ結構説得力あると思った

maeyama

引っ越し手伝ってくれる友達が本命の彼氏なんやろな

7~8年も前山剛久さんとお付き合いしてきた”小島みゆ”さんから見れば、神田さんと2ヶ月付き合い始めただけで別れを切り出される。その上何故か何かと連絡をしてくる前山剛久さんに愛想がついたか、自分で蒔いた種に巻き込まれたくない感情があってもおかしくありません。

冒頭の”滝沢ガレソ”さんはDMでリークを募っていますし、フォロワー数も33万越で影響力があることは否めません。1月2日、5日と出しては削除の真意はわかりませんが、”小島みゆ”さんか周辺の人の作成も考えられます。

元カノのアイドルA子が”小島みゆ”さんである確証はありませんし、画像を滝沢ガレソさんにリークした人物の名前は公表されていません。ただ小島みゆさんが自分のインスタのコメントに対して、コメント削除の上意味深画像の掲載というのは、否定をしてない所から関わり合いはある。その上で一言添えたとも言えます。

スポンサーリンク

音声データの裏付けの為に文春が作成説

聞くに堪えない「〇ね」のオンパレードの裏で、元カノと寄りを戻そうとしていた前山剛久さんの酷さを際立たせようと文春が作ったか誰かに作らせた可能性です。情報操作に近いかもしれません。

文春は一昨年の三浦春馬さんの自死事件の時に役作りノート(手帳)に書かれてあった書き込みを”遺書”と報道しました。役作りにおいて入り込むタイプだった三浦さんはセリフや思いを詳細に書き残しています。その中で”遺書になりうる”箇所をピックアップすることで”遺書があった”と書いたわけです。しかし所属のアミューズは後日「遺書はない」と発表しました。

過去には捏造記事で裁判に負けています。

maeyama

前に週刊文春が、ジャニーズ事務所の社長が、児童に性的虐待をしたと嘘を書きました。海外の記者など大勢が、その記事の深層を探ったようですが、実際は根拠なしのでっち上げ。東京地裁は週刊文春に、認めないとして880万の支払いを命じています。

音声データは仮に捏造だった場合、文春もただではいられません。入手ルートと内容の信憑性は確かなものでしょう。でもライン画像は文春紙面ではなくSNSからインフルエンサーを通して流されました。

そこに”作られたもの疑惑”が拭えません。

※【追記】ライン画像は小島みゆさんのものとご自身が認めました。

スポンサーリンク

前山剛久さんは活動再開できるのか

maeyama
スポニチ

二股疑惑ということで 声優の鈴木達央さんと歌手のLiSAさんの場合とよく比較されます。二人ともしばらく休養していましたが、LiSAさんは紅白でもいいパフォーマンスを見せましたし、降板報道が絶えなかった鈴木達央さんの方も心入れ替えての復帰を模索し始めています。

前山剛久さんは現状ワイドショーに取り上げられることはほとんどありません。もちろん松田聖子さん、神田正輝さんという大物有名人への忖度はあります。

前山剛久さんという俳優にそこまでのネームバリューがないとも考えられますが、取り上げると神田沙也加さんのことに触れないわけにはいかないので、黙って避けているように見えます。「亡くなられている」ことから安易に扱えないのでしょう。

その他に前山剛久さんの所属が老舗・大手の渡辺プロダクションというのがあります。芸能界に古くからパイプと影響力があり、力のあるプロダクションだからです。

しかしナベプロの庇護の手もそこまでだとメディア記者は言っています。前山剛久さんは山田裕貴さんや瀬戸康史などもいる俳優集団「D-BOYS」のメンバーです。一度けじめをつけないと他メンバーにも影響があるだろうと。

引退発表があるのではとも言われています。音声データが警察に証拠として認められれば、刑事事件にもなりうる可能性があるからです。

スポンサーリンク

【追記】ラインは小島みゆさんのものと事務所が発表

1月26日小島みゆさんの所属事務所よりコメントが発表されました。

弊社所属タレント

 小島みゆ 週刊誌等の報道について

 平素より大変御世話になっております。

 この度は、関係各所の皆様、並びにいつも応援して下さる皆様に大変大きなご迷惑とご心配をお掛けしている事を深くお詫び申し上げます。

 今回の報道に関しまして、小島みゆ本人に事実確認を行ったところ、前山剛久氏とは実際にお付き合いをしておりましたが、2021年9月に前山氏からの申し出により解消しております。

現在SNSで拡散されているLINEのスクリーンショットにつきましては、小島本人と前山氏のものではございますが、誤解を招く表現のところのみが抜粋されており、2人の関係は完全に解消されておりました。

小島自身と致しましては、関係を解消した後、前山氏から連絡がきた際は、関係解消しているので当たり障りのないやり取りを意識していたとのことです。

 弊社と致しましては、所属タレントのプライベートに関しましては、本人に任せておりますが、今回事実と異なる憶測も拡がっている為、このような形でご報告させて頂いた次第です。

 小島みゆ本人も今回の報道及びネットでの誹謗中傷などにより精神的に大変疲弊しております。

 関係各所及び弊社所属タレントを対象とした誹謗中傷については、ご配慮頂けますようお願い申し上げます。

つまり

  • 2021年9月に前山さんからの申し出でお付き合いは完全に終了
  • ライン画像は誤解を招くところだけが抜粋。二人の関係は完全に終わっていた
  • 前山さんから連絡が来た時には”あたりさわりのないやりとりを意識した”

というのが小島みゆさんの言動の真実であるという発表です。”抜粋”という表現が作りなおされたのか、抽出されただけなのかは不明です。

スポンサーリンク

【追記】小島みゆさんもコメントを発表

1月27日に事務所の発表に続いて小島みゆさんもコメントを出しました。

 この度は、皆様にお騒がせとご心配をおかけして誠に申し訳ございません。
皆様からのコメントに目を通しながら、どのように対応するべきか日々悩んでおりました。
事務所からの発表のとおり、SNSで拡散されているLINEのスクリーンショットは、私のものです。会話の一部が切り取られているとはいえ、様々な憶測が飛び交う事態を招いてしまったことに対して、大変ご迷惑をおかけしたこと深くお詫び申し上げます。
当時の私は、相手側の状況について詳しく把握しておらず、相手からの連絡に対して当たり障りのない返信をしてしまいましたが、関係を戻したいという気持ちは一切ございませんでした。
連絡をとってしまったことについては、自分に落ち度があり、連絡を返すべきではなかったと反省しております。
既に相手とは関係を解消しており、連絡もとっておりません。
また、一部の方には不謹慎と捉えられるようなSNSの投稿に対しても深く反省しております。
現在、SNSのコメント欄を制限させていただいておりますが、私以外の方への誹謗中傷はどうかご配慮いただけますと幸いです。
  • 一部が切り取られているがライン画像は私のものである
  • 相手側(前山さん)の状況を把握しておらず返信に応じたが、関係を戻したい気持ちはなかった
  • 現在はまったく連絡をとっていない
  • 不謹慎と捉えられるようなSNS投稿への謝罪

「私以外の方への誹謗中傷はご配慮ください」の一文に謝罪の姿勢があります。こうなると一言も発することなく自宅療養している前山剛久さんも、体調が回復したらコメントをいただきたいものです。

 

神田沙也加さん転落事件まとめ

コメント

  1. abstract より:

    削除された小島みゆのテレビ台ツイートの内容には触れないんですね。ソースもほとんど5ちゃんねるの引用。
    小島の事務所に頼まれてるとしても、なんの擁護にもなってませんが、大丈夫そ?