スポンサーリンク

【パワハラ】奈良税務署副署長は渡邉勝か「体育会系のノリ」

スポンサーリンク

大阪国税局の奈良税務署がの副署長が9月12日、近畿税理士会奈良支部との意見交換会でパワハラをしたという事件。11月4日大阪国税局は当該副署長を3ヶ月の減給の上、大阪国税局総務部付きに異動させました。

奈良税務署の副署長は4名います。誰がパワハラをしたのか調べました。

スポンサーリンク

パワハラ奈良税務署副署長は渡邉勝か「関西弁ではない」

調べてみると奈良税務署の副署長は4名いました。男性3人、女性1名です。

narazei

奈良 奈良税務署署長、奈良県税事務所長をはじめ…副署長 福田倍如、副署長 元山浩子、副署長 渡邉勝、副署長 橋本剛治
奈良税務署の該当ページは既に見られなくなっていました。
narazei
しかし、匿名掲示板に閲覧不可になる前のものなのか画像が上がっていました。
narazei
真ん中の滋賀県出身の人は女性ですので、今回の副署長にはあたりません。残り3人の男性の中に、パワハラをした人がいることになります。
近畿税理士会奈良支部での意見交換会の後の懇親会で副署長はパワハラ発言をしました。
「お前殺すぞ。支部から追放してやる」
「アホと違うか」
言葉だけでなく、女性税理士の背中や肩を何度も叩いていることもわかっています。きっかけは奈良税務署が近畿税理士会奈良支部の協力で毎年度末に開いている確定申告の相談会を巡り、奈良支部側が会場の配置を変えるよう要望したことに立腹。
窓口だった女性税理士に暴言を吐くなどしたということでした。
つまり、毎年行っている相談会会場についての意見に腹を立てたということです。この時点で令和4年7月に副署長になったばかりの和歌山県出身の副署長は外れるのではないでしょうか。
兵庫県出身の副署長と神奈川県出身の副署長のどちらかの可能性が高まります。
泥酔しての暴言なら、尚更言葉遣いは素がでるでしょう「アホ」は全国で使いますし、「殺すぞ」「追放する」はむしろ関西ではない人が使いそうな言い方です。
気になるのが副署長の任を解かれた異動先が、”大阪国税局の総務部付き”なことでした。
この中で総務の仕事をしていたのもまた神奈川出身の副署長渡邉勝氏です。
narazei
渡邊勝氏は(職名)に(総・広・管・徴)とあります。色々兼任していたようです。恐らくこの略語は総務、広報、管理、徴収の略ではないかと考えられます。
しかし「総務部付き」というのはこのような人たちを指すものでした。
その会社における担当、役割のない人全てを指します。
社外出向中の人
休職中の人
懲戒(解雇)処分まちで、出勤停止中の人
等、いわゆる無所属の人達です。 教えてgoo
渡邉勝氏が総務を担当していたということで、該当副署長とするのには無理があります。
そこで渡邉勝氏のプロフィールがわからないかとFacebookを調べました。同姓同名のアカウントは90を超えていましたが、神奈川出身、奈良在住というアカウントはありません。
narazei
神奈川出身の副署長渡邉勝氏
パワハラをしたとされる副署長は調べに対してこう話しています。
「どれぐらいの酒を飲んでいたかまったくわからない」
「酒に弱いことはなく、これまで記憶をなくすほど酔ったことはない」
当日は日本酒の冷酒を何杯も飲んでいたと同僚の証言があります。
スポンサーリンク

奈良税務署副署長村田倍如氏の可能性

パワハラをした人物は、神奈川出身の渡邉勝副署長と兵庫出身の村田倍如副署長の二人に絞られました。検索をすると

narazei

narazei

と”福田倍如”氏の名前が出ます。ただこれは副署長のTOPが福田倍如氏なので検索に最初にでている見方があります。”倍如”の読みを調べましたが、中国系とはわかりましたが日本語読みは不明です。

フェイスブックを調べてみましたが、見つかった1つは運用されていないものでした。読みがわかったら検索して追記します。

 

税務署の飲み会の特徴について書き込みがありました。

narazei

税務署幹部が不祥事が多いことについての取材で、「良くも悪くも体育会系の組織で飲み会が多く…」って言ってた
被害に遭った女性税理士は副署長の隣の席に座っていたという情報があります。50代といえば、ハラスメントが浸透していない世代です。
体育会系のノリは酒の強要、しゃくの強要もあります。担当ということで何度も顔を合わせていた気安さからエスカレートも考えられます。
体育会系のノリ、肩をつかんだり背中をバンバンしたという暴行を考えると、体格的に村田氏よりもガタイのいい渡邉勝副署長の方が恐怖を感じそうです。
被害女性はショックを受けていると報道されています。むしろ普段はうまく話せていたので、要望を出してみたのに、豹変したような態度をとられたのかもしれません。
スポンサーリンク

パワハラ奈良税務署副署長は渡邉勝か「処分が甘い」

SNSでは民間の一般人に比べて処分が緩いことが話題になっていました。

narazei

ネットで相手の名前も住所も知らないのに殺すと書くと逮捕されるが、税務職員が個人情報握ってる相手の目の前で殺すと言っても逮捕されない不思議
narazei
道端で同じ事したら逮捕なのに言及は処分軽すぎ。少なくとも停職だろ。
SNSで誹謗中傷や暴言脅迫とみなされると、開示請求もありますし逮捕案件になることもあります。3ヶ月の給与2/10といっても50歳代となれば、分母も大きく、そこまで響くとは思えません。
調べてみると、税務署の副署長になるには2ルートありました。
  1. 税務大学校を優等で卒業して上司推薦を受け財務省や国税庁に出向して連日深夜勤務に耐え課長補佐。その後税務署に出向。
  2. 国税局の総務課、主務課(所得税課、法人税課、資産税課、消費税課)等に入り、課長補佐になり、副署長で出る
いずれも時間も年月もかかる道のりです。副署長になれた時点で選ばれた人材であることがわかります。温情が働いているかのようです。
「泥酔していて覚えていない」はもっとも卑怯な言い逃れです。「お前殺すぞ」は立派な脅迫罪です。
河合和浩国税広報広聴室長は「国民の皆さま方の税務行政に対する信頼を損なうことになり、深くおわび申し上げます」
尚、当日は署長の番匠勇奈良税務署署長も同席していたことがわかりました。大阪国税局から厳重注意をされています。
スポンサーリンク

パワハラ奈良税務副署長は渡邉勝か

パワハラをした奈良税務署副署長はまたこのように国税局の聴取に答えています。

「酒に酔っていて誰とどのようなことを話したのかほとんど記憶にない」
当日の懇親会には奈良税務署側からは4人、近畿税理士会奈良支部からは被害に遭った女性含めて14人の合わせて18人参加でした。
奈良税務署側は該当副署長のパワハラを「席が違っていたから知らなかった」という主旨の話をしていますが、総勢18人の飲み会で、暴言を吐いて身体を叩いてることにまったく気づかないことはあるのでしょうか。
皆が泥酔していたのであれば大問題です。
ニュース・事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
◆Newsリップル◆

コメント