定番な趣味

【写真】手始めはスマホのカメラで充分!SNSとの相性も抜群です。

難易度 ★☆☆ 費用 ★☆☆ 取り組みやすさ ★☆☆ |   スマホがあれば今すぐにでも!


 

こんにちは。 yaeです。

 

実は私 15年間使用した携帯電話からやっと卒業して

2020年の暮れにスマホに変えたばかりです。

 

いやぁ なんですか?スマホのカメラ!

ズームも指でスーーなら

大きな画面で何を映しているのかが はっきり見えるありがたさっ

 

デジタルカメラのお株を奪って更に

上を行っていますね。

 

気軽に撮れる お手軽なカメラじゃないですか?

 

スマホの前にデジタルカメラを手にしてました

 

7年前

定年退職した主人に ヨーロッパに行こうと言われて

初めて自分用に デジタルカメラを買いました。

 

欧州はやはり

ピアノをたしなむものとして 魅力的でしたし

 

普段から王城や家屋の写真を見ながら

マンガを描いているしで^^; ウキウキです。

 

ただ ひとつだけ大問題がありまして

私は飛行機が大の苦手!というか恐怖!

 

結婚したのが

あの日航機墜落事故の2ヶ月後 だったのもあって

 

とにかく落ちるのが怖くて

新婚旅行は 搭乗時間の長い海外ではなく

北海道にしたくらいです。

 

今なら乗っている時間よりも「乗る」事が

問題なのだと わかるんですけど^-^

 

その時はとにかく国内にしてーー>< とワガママをいいました。

 

窓が小さすぎて  目視ができないデジタルカメラ

 

それ以来数十年 乗っていなかったわけですが

この歳になって 互いに白髪の目立つ夫婦で

 

もういいかな

もしもがあっても一緒だしな・・

 

という 境地になれたので

今でも怖いですけど 乗る覚悟はできました。

 

 

で初のヨーロッパです。

 

好きなマンガ家さんがブログで

「どこを見ても絵になる」とシャッターを押しまくったと言ってましたが

 

本当にその通りでした。

主人とは別に自分用に カメラを用意して本当に良かった。

 

どこもかしこも何もかもが

空気ですら 撮りたい気持ちになりました。

 

ただ 風景はまだいいのですが 人物写真が大変で。

 

表情はおろか

窓をよく見ても 主人が棒人間に見えるだけで

何もわからないのです。

 

老眼・・のせいです。

 

目を細めようが メガネを外そうが何も見えない。

位置だけ確認して押すのが せいいっぱいでした。

 

撮った写真をプリントアウトしてみたけれど

 

無事に帰ってきた後

 

さて撮りためた写真をどうしようと。

デジタルカメラなのですから パソコンで見ればいいものですが

 

写真といえば紙だろうという

固定観念があったのですね~

 

そこで

ネット印刷を利用しました。思ったより安かったのですが

 

肝心の写真は

その時 冊子にいれるのに見るだけで

しまいこんだら 手にしないのですね。

 

カメラも 何か特別な事(旅行やお出かけ)以外

出すこともないし

完全に死蔵状態。

 

使う時にだけ持ち出す

特別なものになっていました。

 

ブログを書き始めて 写真の需要を知る

 

そんな中 2020年の1月に突然ブログを始めました。

 

記事を書いて 見出しの下に画像をいれるといい

というのを知り 画像画像…

 

でも著作権があるから

検索で見つけた画像を 無断加工はできないし…

 

で思い出したのが

 

ヨーロッパに行った時の写真でした。

風景や建物をよく撮りました。

 

私は絵描きなので

絵を描くのに便利そうな構図で

 

わざわざアンチーク椅子の足部分だけ

撮ってたりしたので

 

人が写っているものが ほぼありません^-^

 

これならと

自分の撮ったものを 使おうと思ったのですが

 

デジタルカメラに入っているファイルを

まずPCに移し

 

画像処理ソフトで整えて サイズも変えて

やっと載せられるという

 

結構な手間が待っていました。

 

撮った写真で稼ぐ

 

めんどくさい^^;と思いながら

作業をしていましたが

 

その内に 写真AC という

無料で様々な写真が ダウンロードできるサイトを知ります。

 

撮った写真を クリエイターとして登録できて

それがダウンロードされると 報酬が支払われます。

 

人物写真(フリーとして使っていい物)だと@10円、風景だと@5円くらいです。

 

"試しに写真ACに出してみた" いう方のブログでは

1ヶ月で500円になった と書かれていました。

 

でも

何がユーザーに受けるのかは わからないらしく

 

整ったきれいな写真だけでなく

え?こんなものが?

という場合もあるのだとか。

 

写真ACは

自分の撮った(手数のメンドクサイ)写真よりも

使いやすくなって

 

未だに大変お世話になっています。

 

写真をSNSに投稿して広がる

 

私が撮る写真は 見せるというより

資料の為にという意味合いが 強かったのですが

 

昨今の "映える"からもわかるように

写真を共有して

皆で楽しむのがSNSです。

 

SNSとはツイッターやインスタグラム、フェイスブック、ユーチューブ等

ネット内のコミュニケーションツールのことです。

 

ツイッターをしていると

 

タイムラインに

見たことのないような 美しい空や

行ったことのない 海外の日常な写真が流れてきます。

 

一回の投稿で 4枚載せることができます。 

 

もっと この人の写真を見てみたいなぁと思えば

フォローをすれば 更新される度にみることができます。

 

リプライ(返信)で感想を書くと 感謝されたりで

写真の愛好家の方たちと 気軽に繋がることもできますよ。

 

自分だけで楽しむのもいいですけど

せっかく撮ったものですから

 

沢山の方に見て欲しいのは 当然の事です。

ひとつでも2つでもいいねが付くと モチベが爆上がりします。

 

直接のコメントはなくても

結構皆様 見てくださっているのですよね。

 

スマホのカメラが便利です

 

SNSに自分で撮った写真を投稿するのなら

断然スマホが便利です。

 

デジタルカメラ スマホ
撮った写真を投稿しようと思うと

一度USBコードでPCに移動(コピペ)した上で 画像加工、

SNSの投稿時にも 再度選択がいる。

撮った写真はそのままSNSに

コメント付きで投稿ができる。

ちょっとした画像加工、切り取りも可能。

 

 

スマホのカメラ機能は

普通のデジタルカメラより 性能がいいです。

 

私の使っている かんたんスマホでさえ

背景ぼかし機能やら夜間機能が付いています。

 

まずはスマホで写真を始めてみて

もっと極めたいぞ――と思った時に

 

デジタル一眼レフカメラに 移行されても遅くありません。

 

その頃には

SNSでの友人知人も増えていると思いますし

 

毎日が楽しくなっていますよ。

 

まとめ |  目の衰えを抱えるシニアこそ スマホでの写真が最適

 

スマホの画面は デジタルカメラの窓の3倍は大きいです。

しかも指で開くとズームができます。すごく便利!!

 

被写体を確認しながら 

写真が撮れるありがたみを しみじみと感じました。

 

なにより

スマホは常日頃より 携帯しているものです。

 

撮りたい時にすぐ撮れる

 

これに勝るものはないかもしれません。

 


-定番な趣味

© 2021 大切なものはすぐ近く Powered by AFFINGER5