スポンサーリンク

田口翔の生い立ちは小6で激変「金があれば叶う」【文春】【新潮】

スポンサーリンク

山口県阿武町の給付金4630万円誤送金事件で、振り込まれた田口翔容疑者(24)が逮捕されました。田口翔容疑者はどういう人生を歩んできたのか、新潮と文春で報道されました。

田口翔は被害者「金がなかったらネットカジノはやらない」

スポンサーリンク

田口翔容疑者の生い立ち「小学校6年で親が離婚」

taguchi
デイリー新潮 田口翔容疑者の実家

田口翔容疑者は幼少時は山口県の湯田温泉の温泉街でした。街中の利便性の言い場所です。

田口翔容疑者は父と母、5歳下の妹との4人家族でした。詳細な時期はわかっていませんが、父親の姿が見えなくなったのは、田口翔容疑者が小学校6年の頃です。

taguchi

その頃に両親は離婚しています。一人で子供を育てることになったお母さんは苦労されたと聞いてます。 <小学校時代の同級生>

父親は調理師(シェフ)でした。温泉街の店舗で働いていたのでしょう。しかし離婚によって田口翔容疑者の母親はラーメン屋で働いて生計を立てるなど、金銭的には苦しい生活になります。

新潮によると、父親は今回のことについて「十数年会ってなくて連絡先も知らない」と答えています。

田口翔容疑者が、小学校の卒業文集で「タイムマシンがあったらロト6のばんごうをみにいく」「しょうらいの夢はぞうへい局のしょくいん」地球最後の日は「持ち金をつかいはたす」

・・とお金のことに終始していたのは、小6で生活が激変したことが関係します。

スポンサーリンク

田口翔容疑者の生い立ち「中学でもお金への執着は変わらず」

taguchi
テレビ山口

小学校の時は目立たないタイプだった田口翔容疑者は、中学で不良グループとつるむようになりました。「わかりませ~ん」と先生に野次を飛ばして授業妨害もしていたようです。

祖父母の遺産相続で大金が家にある同級生に目を付け、仲間と近づいて高価な品物(エアガン)や買い物、飲食の代金も出させたりしました。

持ち出された金は1~200万にも上ります。警察沙汰にならなかったのが不思議な話です。

さらに万引きもしていました。あまりにも堂々と盗むので仲間が驚いたほどの度胸だったといいます。

未成年で酒や煙草にも手を出す、自転車を盗む。絵にかいたようなワル生活です。中学の卒業式には髪を金髪に染めてきたため、先生に注意されました。

スポンサーリンク

田口翔容疑者の生い立ち「公立高校中退のあと通信制に」

taguchi

田口翔容疑者は山口市内の公立高校に進み、すぐに中退しています。

5月25日の文春電子版によると公立高校を中退した後、防府市内の私立の通信制高校に通っていたことが分かりました。調べたところ、防府市の私立高校で通信制課程があるのは「誠英高等学校 」だけでした。

同時に田口翔容疑者は、ヤンキーな仲間のつてで土木工事の仕事にもついていました。

まじめで勤勉で「あいついいね。今日いないの?」と工事関係者に言われるほど目をかけられていました。

中学高校の無軌道生活からは想像もつきません。

一方、田口翔容疑者のギャンブル好きはエスカレートしていきました。パチンコに毎日のように通っていた姿が目撃されています。未成年の時から通っていて指摘すると

「バレなきゃ大丈夫です!」と笑ってごまかしていたと文春が報じています。

金遣いが荒く1日に10万使う事も。借金をしてパチンコの軍資金を作っていたはずと知人が語っています。

スポンサーリンク

田口翔容疑者の生い立ち「スケボーと仲間が大好き」

田口翔容疑者のインスタグラムから辿っていくと、同じインスタグラムアイコンのアカウントがありました。こちらは報道された田口翔容疑者のアカウントです。

taguchi

同じアイコンのアカウントがこちらです。

taguchi

トリミングは少し違いますが同じアイコンです。アカウント名も”マンチーズ”に関したものでした。大麻を使用した際に何を食べても美味しく感じてしまうことを表す言葉です。田口翔容疑者は名前をとても気に入り、ロゴTシャツまで作っていました。

taguchi

こちらのアカウントではスケボーの画像と動画がほとんどです。知人は

今回の事を田口が相談するとしたら、中学時代からの不良仲間かスケボー仲間。ちょこちょこお金を移動するとか、田口だけでは思いつかないんじゃないかな
スポンサーリンク

【追記】田口翔容疑者の生い立ち「人間関係リセット癖」

文春によると、田口容疑者は仲間とまるで連絡をとらない時期がありました。宇部市で年上のデリヘリ嬢と同棲してヒモ生活をしていた頃です。元仕事仲間の人は

彼は仲間との関係を一方的に遮断していた。何かあると、人間関係をリセットするタイプなんです。
その子と別れて地元に戻ってくると 今度は3歳ほど年下の子と付き合い始めた。でも『首を絞めて殺しちゃいそうになった』とかDV癖のあるようなことも言ってました。
また田口翔容疑者は、スケボー仲間と作った「マンチーズ」というグループで大麻をしていました。上物を求めて福岡や岡山に行く内、自分たちで大麻栽培をという方向に傾いていきました。
元々「畑仕事がやりたい」と言っていた田口翔容疑者が調べて栽培の地に選んだのが空き家バンクを推奨していた阿武町でした。
ところが移り住んだ後、田口翔容疑者は数ヶ月間音信不通になりました。実家に行っても阿武町に行っても会えず、ホームセンターで働いているのをつかまえたときには「警察に携帯とられてて」とバツが悪そうに答えたといいます。
メンバーはほとんど信じていなかったそうです。
2021年夏には大麻取締法違反で仲間が逮捕されていますし、大麻栽培をすれば自分一人が背負いこむことになる。「マンチーズ」と距離を取りたくなっても仕方ないと。
スポンサーリンク

田口翔容疑者の生い立ち「阿武町ではまじめだった」

taguchi
デイリー新潮

田口翔容疑者が阿武町に移住してきたのは2020年11月です。家を貸した大家は

髪は長かったけど小ぎれいな身なりをしていて、挨拶もできる礼儀正しい子でしたよ。
大家に会えば車を降りて挨拶をする。家賃は3ヶ月滞納したら出て行ってもらうという契約でしたが、滞在してから2年近く一度も未納がありません。5月分も振り込まれていました。

また田口翔容疑者の不良仲間の母親は

昨年、息子が田口くんについて”あいつ、セイシャ(正社員)になれたんだ。田舎暮らしを始めたんだ。良かったよね”と言っていたのを覚えています。
正社員で雇用された職場のホームセンターでも「よく喋る話しやすい良い子」でした。
山奥に家を借りとるって言ってたから”なんでそんな雪の多いところに住んどるん。こっち降りておいで”というと『古民家が好きだから』と言っていました。
阿武町に来てからの田口翔容疑者は、それまでの生活をリセットしてやりなおしをしたかったのかもしれません。
阿武町の誤送金が抑えていた以前の自分を、思い出させてしまったのは不幸とも言えます。
ニュース・事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
まつばをフォローする
スポンサーリンク
◆Newsリップル◆

コメント