スポンサーリンク

高井直子さんの養子男性は立命館出身か「アメフトで学んだ効率」大阪高槻保険金殺人

スポンサーリンク

週刊新潮により、亡くなった高井直子さん(54)の一億五千万円の保険金の受取人になっている養子男性は、関西の有名私大でアメフト選手として活躍していたことがわかりました。

養子男性は今もアメフト・サークルに所属し、クォーターバック(QB)としてチームの要になっています。アメフト選手の就職先も含めて養子男性がどこの大学だったのか調べてみました。

スポンサーリンク

高井直子さんの養子男性は立命館出身か

新潮によると、高井直子さんの養子男性は”関西の有名私大”で”アメフト選手として鳴らした”とあります。

“関西の有名私大”は関西(かんさい)大学、関西(かんせい)学院大学、同志社大学、立命館大学の関関同立のどれかでしょう。かつ”アメフト選手として鳴らす”という書き方には相当デキた選手だったとわかります。強豪校と言えそうです。

この情報から、高井直子さんの養子男性は関西学院大学か立命館大学だったのではと考えられます。

takai

リーグ戦はコロナ禍以前は関西学院大学と立命館で毎年1位と2位を占めています。関西学院大学は近年6年連続甲子園ボウルの決勝に進み、4回連続優勝を誇ってます。

takai

関西学院大学は中高一貫から上がってくる人と京阪神出身者がほとんどです。ヤフー知恵袋で「アメフトするなら、関西学院と立命館とどちらがいいですか」という問いに対して、強い関西学院ではなく立命館を薦める答えが多かったのはその学風に違いがありました。

就職、学風、設備など・・・ 個人的な意見を言わせてもらうと昔 関学、今 立命館ですかね。

関学は先輩の話で練習がキツく、あまり効率的でない。フットボールを楽しむ余裕がない

 

高井直子さんの養子男性は大学卒業後、大手コンサル会社→外資系保険会社→ベンチャー系の金融企業と短い間に転職を繰り返して、現在は企業勤めも辞めFXで儲けている生活です。フットワークも決断も速いです。”効率”というのは特徴です。

一方、立命館の方は

先進技術なら立命館

未経験者がリーグを代表する選手に成長することが多いように、鍛え方、コーチングは日本のどのチームよりもレベルが高いでしょう。さらに環境も良い。

新潮によると、高井直子さんの養子男性は現在所属しているアメフト・サークルに入ったのは2021年5月の新参者です。しかし去年の成績が良くなかったのが悔しくて「今年こそ日本一を目指しましょう!」と副主将になりチームを鼓舞しています。

立命館にとって関西学院大学は中々勝てない壁のようなものです。もちろん勝利したこともありますが、回数は多くありません。

takai

常に看板が用意されてあることから、高井直子さんの養子男性もチーム戦だけにじくじくたる思いを大学生活で味わったのでしょう。社会人になってのアメフト・サークルでも意識改革からとでも思っているのかもしれません。

尚、立命館パンサーズのサイトは3月22日に改装メンテナンスに入っています。

現在、パンサーズのホームページが
リニューアルに伴い、
一時的に利用できなくなっております。ご不便おかけしますが、ご理解の程
よろしくお願い致します。

調べてみたところ、毎年この時期にメンテナンスをしているわけではないようです。週刊新潮が報道をしたのが3月23日ではありますが、関係があるかはわかっていません。

 

高井直子さんの養子は離婚協議中だった「警察との関係でと口つぐむ妻」大阪高槻市保険金殺人

スポンサーリンク

高井直子さんの養子男性が大手コンサルに就職できたわけ

運動系特有の太いパイプがそこかしこにあり大手証券会社、生命保険会社等就職は先輩のツテによることが多いようです。立命館アメフトOBの記事をみつけました。

takai

takai

大手生命保険会社の内定を手にするまで

就活のエントリー数は多くなかったです。3年の12月に先輩が引退をしてからテレビ局のエントリーシートを出してみたり、時間が空いている時に少しずつ進めていました。エージェントを使ったり説明会に足しげく通うのではなく、部活の先輩のOB訪問を頼るようにしていました。保険会社を中心に選考を受けましたが、新卒で内定を頂いた会社に興味をもったのも、学部、ゼミ、部活・ポジションが同じだった先輩がその会社にいたという理由です。

他にも「立命館で野村総研など無理でしょうか」と言う問いに
「アメフトとかスポーツを死ぬ気でやれば入れる」とアンサーがあるのは、コネクション、縁故というのがまことしやかに存在するのを表しています。

ただ離職率も高いと言われています。記事の立命館アメフトOBも半年で見切りをつけ転職したとありました。高井直子さんの養子男性も未だ20代ですので卒業してから最長で7年です。その間にいくつもの会社を渡り歩いていることから、先輩の口利きがあっても自由に仕事を選んでいる姿があります。

高井直子さんの養子男性は集団生活で培われた”人心掌握術”があったと新潮は報じています。歳の離れた先輩にも、失礼にならない程度にフランクに振舞って打ち解けている。営業の仕事をさせたら優秀だろうと現在のアメフト・サークルの関係者が話しています。

新参者なのにチームの要QB(クォーターバック)を任される。戦略を語る。目立つことをしてもギクシャクしないのは人心掌握術にたけている証拠です。

スポンサーリンク

高井直子さんの養子男性は立命館パンサーズにいたか

高井直子さんの養子男性の名前は報道されていません。匿名掲示板で暴露されていた「片〇〇司」(養子前旧姓)という名前を用心しながら調べてみましたが、関西学院ファイターズ、立命館パンサーズからも出てきませんでした。

大学名、アメフト・サークル名など新しい情報がでましたら追記していきます。

大阪高槻市資産家保険金殺人まとめ

大阪高槻市資産家保険金殺人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
まつばをフォローする
スポンサーリンク
◆Newsリップル◆

コメント