スポンサーリンク

田中大介生い立ち「受け流せなかった罵声」愛知県犬山母子殺人事件

スポンサーリンク

8月9日、愛知県犬山市山中で車の中から9歳の女の子と6歳の男の子の遺体がみつかり、同日母親である田中智子さんも自宅で殺害されているのが発見されました。行方不明だった父親の田中大介容疑者(42)は親族に付き添われて8月13日に警察に出頭し、妻の殺害を認めました。

「奥さんと口論となりカッとなって殺した」

近所の田中大介容疑者の評判は「子煩悩」「寡黙」。口論程度で人を殺める危険人物には見えません。口撃された経験のない人生が垣間見えます。

田中大介顔画像「眉ソリのコワモテ系」心霊スポットで親族連絡

スポンサーリンク

田中大介容疑者の生い立ち「親離れできない親」

tanaka

田中大介容疑者は出頭の時、親族に居場所を告げています。田中だいすけ容疑者にとっての”親族”とは、両親しかいないでしょう。

伯父、叔母も親族には含まれますが、入鹿池の赤い橋で首や腕を傷つけて血だらけになっている(自死しようとしてできなかったと見られています)死にきれなかった状態で田中大介容疑者が連絡するのは、肉親以外ありません。

tanaka

付き添った親族って親とか?自分は妻子を殺しておいて、実家に転がり込んで親に泣きついて付き添ってもらったなら本当に胸糞悪いわ。幼稚すぎる。

 

それも恐らくは母親です。父親は世間体がありますからとりあえずでも叱責します。しかし母親は息子がかわいいのです。間違いなく「生きててくれてよかった」と抱き合った事でしょう。

tanaka
姉弟は目、鼻など田中大介容疑者にそっくりです。

あれだけ息子に似ているかわいい内孫2人や嫁の顔は出てきません。傷だらけの姿に早く治療をさせないとと出頭を急がせた可能性すらあります。

入鹿池の赤い橋で連絡したのが8時すぎ、犬山署に出頭したのが9時半です。

tanaka

田中大介容疑者の両親がどこに住んでいるのかはわかっていませんが、たった90分の間に実家→入鹿池→犬山署ということは、説得などということもなく田中大介容疑者は親の顔を見て安堵して委ねたと考えられます。

42歳にもなって ママー…は気持ちが悪いです。今までも困難な事があると親を頼っていたのがわかります。電話を受けて、「自分で警察に電話しなさい」と言えない親もベタ甘です。

tanaka

親族が親だとしたら犯人も犯人なら親も親だね 自主したら罪が軽くなるものね

 

近所の人は田中大介容疑者をこう話していました。

「にこにこして子供をかわいがってた」
「おとなしい人、少し寡黙。人当たりはいい」

田中大介容疑者はおとなしく寡黙だと近隣の人に見られていました。にこにこして子供をかわいがっていたのは、自分からリードをして遊ばせるというのが苦手だったのでしょう。

tanaka

田中大介容疑者も感情表現は苦手に見えます。真面目な性格だからこそ「働き手として頑張っていた」と近隣にも一目置かれていたわけです。

しかしDVの噂も(今の所)聞こえてこないのに「カッとなった」だけで「首を絞める」は短絡すぎます。怒りを覚えた時の自分のコントロールの仕方を経験してなかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

田中大介容疑者の生い立ち「父親の家業を継いだ?」

田中大介容疑者は逮捕時は職業不詳です。しかし電気工事業を自営で営んでいたことが分かりました。

42歳という年齢的に田中大介容疑者は就職氷河期真っただ中でした。管理人の子も氷河期の最後にあたってしまい、就活は1年以上要しました。完全に買い手市場でした。

エントリーシートを出しても落ち続ける日々。やっと面談までこぎつけても、あっさりお祈りメール。真っ黒だった手帳がある月に真っ白になっていました。

不思議に思っていると「今から1ヶ月…自分は就活はしない。心が持たない」そう言って自分を取り戻そうとしていました。それだけ氷河期の就活は厳しかったのです。

田中大介容疑者の就活が上手くいかなかったのは容易に想像できます。

正社員になれず、父親の助言で電気工の道に入っていったのでしょう。

 

「朝から晩まで働いていて休みは日曜だけだった」
「平日は(姿を)みたことがない。のに見かけたから違和感があった」
電気工事業は小さい物は一軒家の配線から、大きい物になると病院や公共施設の電気配線の請負もあります。田中大介容疑者も仕事が入っている時は多忙を極めたことでしょう。
しかし、コロナ禍で経済が回らなくなると新設物件にもありつけません。仕事の量が減れば、休日も増え、収入も減ります。
さらに数年前に扶桑町に立てた家のローンも重くのしかかります。
単発的にトラック運転手や土方工事などでしのいでいたのではないでしょうか。電気工事業は開店休業中な為”職業不詳”になっていると考えられます。
それでも休日が増えて行きました。
焦りや危機感を見せない(あっても顔に出ない)田中大介容疑者に妻が初めてキレたのでしょう。田中智子さんも保育士として働いていました。
匿名掲示板に妻の田中智子さんについて書き込みがあります。
tanaka
報道された田中智子さんの画像
tanaka
妻の智子さんと15年来の友達です。智子さんは、いつも穏やかで笑顔の絶えない、とても話しやすい子でした。どうしてこんなことに。残念でなりません。
保育士として勤めていた田中智子さんは、その穏やかな包容力で子供にもスタッフにも愛されていたのでしょう。
常日頃から愚痴を言ったり、人を攻撃するようなことは言わない人柄だったのがわかります。
その智子さんが声を荒げたことに驚いて、頭が真っ白になったのは田中大介容疑者の方でした。
口論の要因はわかっていませんが、田中大介容疑者の仕事の減少から金銭問題だった可能性は高いです。
家のローンも、パワーカップルの2馬力あって成り立つので、1馬力になれば破綻してしまいます。智子さんが余裕がなくなって言葉が荒くなっていくのも当然でしょう。
妻からの初めての罵りに対処できなかったのが田中だいすけ容疑者です。寡黙な人は言い争いが苦手です。幼児と同じで、口で言うより前に行動が出るのです。
スポンサーリンク

田中大介容疑者生い立ち「〇ぬ努力の演出に奔走」

田中大介容疑者が入鹿池の赤い橋に数日いた可能性が出てきました。焚火の後と髪の毛が発見されました。

tanaka

tanaka
元々の田中大介容疑者がどのような髪型なのかは報道されていませんが、この髪分量は男性にしてはかなり長めです。
田中大介容疑者は出頭時の姿が、首を切って、腕を切って、血だらけです。その上、髪を切るとなると変装というよりかは禊(みそぎ)のつもりだったのではないでしょうか。
tanaka
自分には手加減するのが、こういった人間の特徴だな。
死のうとしましたというポーズだろ。
「死ぬつもりだった」のが本気だったと思ってもらうための「演出」にしか見えません。
田中大介容疑者が親に電話をかけた入鹿池の赤い橋は実際、池に飛び降りて亡くなっている方もいます。田中大介容疑者はそんな自殺スポットにわざわざ来ても、行動に移すことが出来なかった。
手にかけた妻、智子さん、連れ出した千結(ちゆ)さんと十楽(とら)ちゃんの姿は田中大介容疑者の頭にありません。
自分が捕まった時にどれだけ情状酌量がもらえるか。親と一緒に出頭すれば同情してもらえる。田中大介容疑者はそう考えて保身に走りました。クズと言われても仕方ありません。
スポンサーリンク

【追記】田中大介容疑者子供殺害容疑で逮捕

9月1日愛知県警は、田中大介容疑者を小学生の子供・千結(ちゆ)さんと十楽(とら)ちゃん殺害の容疑で再逮捕しました。

田中大介容疑者は「間違いありません」と容疑を認めています。

また、妻と子供二人を殺害した後は山中に4日間潜んでいたこともわかりました。

愛知県犬山市母子殺人事件
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
まつばをフォローする
スポンサーリンク
◆Newsリップル◆

コメント