スポンサーリンク

悪役令嬢 転生おじさん【15話】魔法模範演習(マジックエキジビション)「言葉で成長させる方法」

スポンサーリンク

tensei

数ある悪役令嬢・転生ものの中でも異色で大人気の「悪役令嬢転生おじさん」【15話】のあらすじ(ネタバレ)と感想です。

<<<「悪役令嬢 転生おじさん」【14話】あらすじはこちら

悪役令嬢 転生おじさん【1話から最新話まとめ】

tensei

スポンサーリンク

悪役令嬢 転生おじさん【15話】魔法模範演習(マジックエキジビション)

王立魔法学園は魔法実技試験の朝を迎えました。

アンナは体調も良く目覚め、自室で制服に着替え始めます。

!!

なんということでしょう。制服のスカートがきつくなっていることに気が付きます。

 

学園の生徒達が従魔(ビースト)を従え、それぞれに魔法の練習に勤しんでいる時、集合に遅れてしまったアンナが慌ててグレイスとの待ち合わせ場所に走ってきました。

グレイスは謝るアンナに時間通りよとほほ笑むと、アンナのタイを優しく直しました。タイが曲がっていたのです。

 

そんな父親の優雅な令嬢の仕草を見て、順応性の高さに感心しつつも心配してしまう日菜子と母親。

 

もし現実に戻ってきて令嬢の癖が抜けなかったらどうしようと、そんな恐ろしい事をふと考えながらも、今はとりあえずは攻略だと、ゲームを進めていく日菜子でした。

 

ゲーム内では、いわゆる期末試験の時期が訪れていました。

 

生徒達が教師の前で魔法を披露する重要なイベントです。

 

そして特に魔力が優秀な生徒・・・生徒会に所属する生徒は、他の生徒達や学園の来賓に魔法を披露する、魔法模倣演習に参加しなければいけません。

 

生徒会保安部長のオーギュストと生徒会副会長リシャールの迫力のある演武。

 

従魔を武器や防具の形にし、剣と盾を弾かせながらに互いに一歩も引かず、双方共に引けを取らない攻防の魔法の応酬と剣と拳の交差に沸く観客達。

 

グレイスの父、レオポルド・オーヴェルヌ公爵は貴賓席に招待されて攻防を見ていました。

感嘆するほどの二人の模擬演習に学園長は、グレイスのおかげで、あの二人はさらに強くなったと話します。

(グレイスが…)

人を導く才能があると教えられ、あの特待生のアンナも彼女によって成長したと知るレオポルド。

 

そしてついに、グレイスとアンナの二人が演武場へと登場します。オーギュストとリシャールは膝まずいて二人を迎えます。

先輩であっても騎士のしきたりとして、グレイスに忠誠を誓った二人の言動に、グレイスは他の生徒に示しがつかないと言うのですが、2人はききません。

 

先輩2人にかしずかれた形になりましたが、グレイスとアンナが所定の位置につきます。

グレイスとアンナが立ち向かう事になるのは、ガーネット先生が使役した三体の鳥型の魔法人形です。

1年生にとっては、止まっている的に魔法を当てるだけで合格点なのです。

複数に空を飛びまわる魔法人形にどう対処するのか生徒会長のヴィルジール王子は、アンナとグレイスの行動を見守ります。

 

グレイスはオリオンを使役し、巨大な火球を魔力で形作りました。

 

しかし、火球では動きが遅すぎて、飛び回る魔法人形を撃墜するのは難しいはず。

 

グレイスはすかさず、アンナに指示を出しました。

アンナはシリウスから旋風を発動させ、グレイスの火球を纏いながら、巨大な炎を渦巻かせる火炎旋風を引き起こしたのです。

 

瞬く間に三体の魔法人形が炎に巻き込まれ倒れました。

 

グレイスとアンナのコンビネーションを讃えながら、ガーネット先生は、次にこれはどうで

すかと、倒された魔法人形を合体させます。

 

三体の鳥型の魔法人形が合体し、今までの水属性から土属性に変化までしました。これでは火球魔法は効きません。

 

それならばとオリオンに水属性への変化を言い放つグレイス。

画面を食い入るように見ていた、日菜子は間髪入れずにオリオンを水属性に変化させます。

 

そしてアンナに風魔法を使わせ、四属性の効果を強める攻撃を繰り出そうとします。グレイスが今度はサポートに回ると告げました。

 

アンナは、グレイスのサポートをするだけでも恐れ多いのに、自分がメインで挑むなんてできるかしらと不安げです。

リビングで見ている日菜子は、ここはアンナのMPが少なくて苦労するイベントだと。さっき大きな魔法を使ったアンナに魔力が残っているかとハラハラしています。

 

グレイスは自分の力だけでは倒せないと、一緒に倒してほしいと重ねて言います。不安をぬぐえないアンナの姿についに

あなたの力が必要だと申し上げている!

とグレイスは告げるのでした。

 

アンナは勇気を振り絞ってやる気を見せます。

 

グレイスの言葉を聞いた日菜子と母親は、憲三郎がアンナを引き立たせる為に、行っているなと察します。

 

アンナとグレイスの残存魔法力が違い過ぎるので、攻撃を合わす事が出来るのかと心配でした。

そんな日菜子の心配をよそに、自分を信頼してくれているグレイスの信頼に応えたいアンナは、残りの魔法力を振り絞って奮い立つのでした。

 

アンナはシリウスを使って風魔法の竜巻を発動させ、すかさずグレイスは魔法陣に「凍」と書き込み、竜巻を氷結させて合体魔法「大吹雪」を発動させました。

 

氷の吹雪は魔法人形を包み込み、瞬く間に全身を氷結させ瓦解させてしまいます。

 

二人の見事な活躍とコンビネーションに賛辞を贈る父・レオポルド。

 

アンナはこれも全てグレイスのおかげだと言い、そして魔法力が上がったのは、全てグレイスの指導のおかげだと言います。

 

最近、学園生活で太ってしまい悩んでいたアンナは食事の量を減らしていました。理由を知ったグレイスは健康には気をつけてねと言いながら、少し憂い話帯びた顔で

アンナが美味しそうに食べる姿がとても好きだったので少し残念だけれどとつぶやいたのでした。

(! グレイス様…!)

グレイス様にこんな寂しそうな顔をさせてしまうなんて!

食べられるときに食べる。それが平民の心得!

とアンナは食べた分だけ動けばいいと悟ったのでした。

それからは朝晩ランニングでカロリー消費をしつつ、先輩方の魔法や武器の教えを受けていたらすごく体力が付いたのでした。

今朝は筋肉がついてスカートがきつくなったので焦ったと、待ち合わせに遅れた理由も話すアンナ。

 

一連の話を聞いて、女の子のダイエットしたい気持ちも汲み、アンナにやる気を出させパワーアップさせたのかと、グレイスに感心するヴィルジール王子と父親。

 

グレイスはまたもや好感度をアップさせてしまったようです。(そして憲三郎はさすがに上げてしまったことに気が付くのでした)

スポンサーリンク

悪役令嬢 転生おじさん【15話】感想

冒頭のスカートきつい描写が単なる「太った」エピソードではなく、アンナのダイエットからの食べて動けばいい。最後には筋肉がついてスカートがきつい。

につながるとは2重3重の構成が見事でした。この回はお披露目なので、いつもの制服にマントを羽織っているのですが、それがまたかっこよさに拍車をかけていました。

グレイス(憲三郎)と日菜子のコンビネーションもすばらしく、日菜子はいつ寝ているのだろうという心配までしたくなります。

大きなイベントである魔法模範演習がこれで終わったので、次回からは何が起こってくるのか楽しみです。

 

悪役令嬢 転生おじさん【16話】魔杖本(ワンドブック)「将来のための作法」>>>

悪役令嬢 転生おじさん【1話から最新話まとめ】

【悪役令嬢 転生おじさん】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
まつばをフォローする
スポンサーリンク
◆Newsリップル◆

コメント