スポンサーリンク
ニュース・事件

原田諒評判「人の感情がわからない演出家」宝塚ハラスメント【文春】

文春が宝塚の有名演出家である原田諒(はらだりょう)氏の性加害とハラスメントを報じました。原田諒氏は宝塚内の舞台だけでなく「別箱」と言われる外部演出でも名を馳せて数々の賞を受賞し若手のホープと言われていました。
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【71話】討伐依頼

ヒンメルの死後30年。北部高原でフェルンは一級魔法使いとしての依頼をゼーリエから受けとり、とある村に向かいました。そこでフリーレン達はゲナウとメトーデに再会します。
ニュース・事件

高見知佳経歴「決断の速い才女」【訃報】

元タレントで歌手の高見知佳さんが12月21日亡くなりました。60歳でした。高見知佳さんは今年7月の参議院選に立憲民主党から出馬して落選しましたが、次回の選挙もと考えていた矢先でした。
スポンサーリンク
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【70話】ノルム商会

ノルム商会が収める領地にたどり着いたフリーレン達。しかしすぐにフリーレンが捉えられ、禁固300年の労働を課せられてしまいます。フリーレンが大昔に借りた借金を返していなかった為です。
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【69話】皇帝酒(ボースハフト)

フリーレン達が立ち寄った街は北部唯一の穀倉地帯で酒造が盛んでした。旧知のドワーフ、ファス爺に逢ってしまったフリーレンは、彼が生涯をかけて見つけようとしている皇帝酒がある場所の最後の封印を解くように頼まれます。
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【68話】北部高原

北部高原へと続く関所のある街で補給を済ませたフリーレン達はいよいよ北部へ入ります。まだまだ序の口というのに魔物は手ごわく、前途多難です。
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【67話】穏やかな時間

フリーレンの助けを借りてデートプランを立てたシュタルクはいよいよ当日を迎えます。いつもと違う雰囲気のフェルンにドキマギしながらの初デートは上手く行くでしょうか。
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【66話】好きな場所

城塞都市ハイスでフリーレンは魔導書めぐりや温泉を楽しんでいました。手持無沙汰になったフェルンはシュタルクに暇なのですけどと暗に構って欲しいと訴えます。
スポンサーリンク