スポンサーリンク
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【61話】封魔鉱

北側諸国に足を踏み入れたフリーレン達。森の茂みからフリーレンが石を拾ってきました。小さなものでも高価で売れると言います。しかし魔法使いには最悪な代物でした。
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【60話】旅立ちと別れ

フェルンが一級魔法使いに与えられる特権授与に行っている間、フリーレンとシュタルクは外で待つ事にしました。するとゼーリエの弟子であるレルネンがやってきます。
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【59話】小さな人助け

一級魔法使い試験も無事に終わり、フェルンとシュタルクは街に繰り出しました。フリーレンは魔法都市オイサーストの豊富な魔導書を手に機嫌よく休憩しているとヴィアベルが老婆を助けているのを見つけます。
スポンサーリンク
丸山大輔(長野県議)笑亀酒造事件

丸山大輔生い立ち「挫折しらずの若旦那」塩尻市酒蔵殺人事件

1年2ヶ月前の長野県塩尻市の笑亀酒造で起きた殺人事件の犯人が逮捕されました、亡くなった妻の夫である丸山大輔容疑者です。当時複数の女性と不倫していて妻とトラブルになっていたことがわかりました。
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【58話】ゼーリエの直感

ゼーリエの「直感」によって次々と合否が言い渡されていく試験会場。弟子入りを拒否したフェルンも無事に合格を手にします。
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【57話】第三次試験

フリーレンというイレギュラーな存在が第二次試験の篩の障害になり、合格者が多くなったとぼやくゼーリエ。第三次試験はゼーリエ自らがその「直感」によって合否を決めることに。
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【56話】フェルンの杖

最終試験までの束の間、フェルンは壊れた杖のことでフリーレンと喧嘩をしてしまいました。不機嫌に外に出たフェルンはシュタルクに愚痴ります。その頃フリーレンはリヒターの店を訪れていました。
【葬送のフリーレン】

葬送のフリーレン【55話】第二次試験終了

フェルンとフリーレンは複製体のフリーレンに苦戦していました。作戦で考えていた「隙」では倒せないことがわかったからです。フリーレンはさらなる隙を作るために、自分を無防備にするとフェルンに告げます。
スポンサーリンク